ボケ防止にサプリを使う前に認知症定義を知る!

Sponsored Link

認知症の定義とは?

 

日本は今、誰もが経験したことない高齢化社会を迎えています。そのため認知症の方も増加しており、社会問題にもなってきています。

 

だからちょっとし物忘れがあったりすると自分も認知症なのか、それとも認知症の初期なのかなどいろいろ不安に思うことが多くなるのでは?

 

でもあなたは認知症がどんな病気が知っていますか?

 

認知症という言葉はいま有名ですが、実際定義まで知っている少ないと思います。これから認知症予防を考えるのであれば、認知症が一体どんな病気なのか正しく理解する必要があります。

 

そのために認知症がどんな病気かを定義を含めてまとめました。

認知症の定義とは

「認知症」という言葉ですが、以前までは「痴呆」と呼ばれていましたが、痴呆という言葉が差別用語であるとのことで、2004年12月に厚生労働省の用語に関する検討委員会で「認知症」と改められ、以後私たちは認知症という言葉を使っています。

 

認知症の定義

 

「認知症」とは、いったん獲得した知的認知機能が脳の障害によって持続的に低下し、そのために日常生活そして社会的な活動に支障をきたすような状態が半年以上つづくこと。
(自立した生活が不可能となり、普段の生活で人の力が必要になった状態)

参考:認知症疾患治療ガイドライン2010 - 日本神経学会

 

つまり認知症とは生活するために必要不可欠な認知機能が低下してしまい、一人での生活が困難になることをいいます。

 

そのため感染、薬、そのほかの病気で一時的に認知機能が低下したようにみえる時は認知症とはいいません。普段みられるちょっとした物忘れやうっかりなども認知症とはいわないため注意してください。

 

生活が困難になったり、支障をきたすような状態とは?

 

・重要な約束をすっぽかすようになった
・料理の際に鍋をなんども焦がすようになった
・仕事の能率があきらかに落ちた
・長年の趣味をやめてしまった
・お金の管理ができない、薬の内服が自分ではできなくなった
・入浴、食事を一人ですることができなくなった

 

上記のような症状がみられた場合には認知症の可能性がでてきます。

 

→認知症の症状について

認知症の初期症状とは?

認知症は早期発見が大事です。初期症状を知っておくことで家族や周りの人の異変にすぐに気がつくことができます。

 

認知症の初期が疑われる症状

 

病識欠如

・自分が病気であると自覚していない
・何かうまくいかないのは相手が悪いからと考える
・困っていることはまったくない

 

記憶障害

・新しいことがまったく覚えられない
・同じ質問を何度も繰り返す
・何度も同じことをいう
・同じものを買ってくる
・鍋をよく焦がす

 

時間や場所の見当識障害

・日付、曜日などを間違える
・よく知った場所への道順がいえない

 

言語障害

・漢字がでてこない
・言いたいことがうまく言葉としてでてこない

 

生活機能障害

・料理をしなくなった
・トイレをよごす
・テレビはリモコンをうまく使えなくなった。
・SUICA、ICOCA、キャッシュカードがうまくつかえない

 

意欲の障害

・長年続けていた趣味をやめた
・外出しなくなった

 

性格の変化

・疑い深くなった
・怒りっぽくなった
・子供っぽくなった

 

参考文献:認知症疾患治療ガイドライン2010 - 日本神経学会(https://www.neurology-jp.org/guidelinem/degl/sinkei_degl_2010_03.pdf)

 

以上のような変化がでた場合には認知症の初期の可能性があります。
ただし生活環境、生まれついた能力などひとそれぞれのため、症状の出方は本当に人によりけりです。

 

性格変化などの初期症状はちょっとした変化のため非常にわかりにくく、意欲の低下も年のせいだからと勘違いされがちのため注意が必要です。

やっぱり早くからボケ防止が大事

認知症の定義を知ると怖いことばかりです。

 

年齢を重ねていくとちょっとした物忘れでも自分は認知症なのででは?と不安になりがちです。ただ不安ばかり抱え込むと逆に認知症になる可能性を高めてしまいます。

 

だから認知症の定義、そして症状をしっかり理解しておけば自分自身、家族や友達の状況が理解できるようになるのではないでしょうか?将来本気でボケたくないと思っているのであれば予防も大事ですが、認知症という病気がどんなものなのかしっかり理解しましょう。


関連ページ

認知症の症状とは?
認知症になるとどんな症状が一体出るのでしょうか?将来ボケたくないと思っている人は、物忘れだけじゃありません。いろいろな症状がでるため、まずはその症状を理解しましょう。
その物忘れ大丈夫?認知症と正常の境界とは?
あなたの物忘れは大丈夫?ボケ防止にサプリを始める前にあなたの症状は本当に大丈夫が確認する必要があります。認知症と正常との境界はいったいどこなのでしょうか?
認知症の種類と原因
ボケ防止を始めるまに認知症がどのような病気でどんな種類があるのかしっかりと理解してください。にさらには認知症の原因を学ぶことで認知症予防の対策がしっかりととれます。
新常識!ボケ防止するのに年齢は関係ない!
最近物忘れが気になり、認知症予防考えていませんか?ボケ防止はできるだけ早いほうがいいのですが、一体何歳までに始めたらいいのでしょうか?最近のデータからある新常識がわかったのです。それは・・・
認知症について知る!ボケ防止には
今急増する認知症。認知症が一体どんな病気かご存知でしょうか?ボケ防止でサプリを考える前にまずは認知症がいったいどんなものか知りましょう。相手をしることが予防につながります。
認知症は予防が一番。ボケ防止にはサプリ!
ボケ防止を考えているあなた。認知症は予防するしか今は手がありません。運動、食事に気を付けることはもちろん、特定の栄養素をサプリからとることも今は重要。認知症の予防方法とは?
ボケたくない人必見!認知症の危険因子はこれだ!
将来ボケないようするには認知症を予防することが重要です。ただ予防するためには認知症になりやすい危険因子をしることが大事です。認知症にないりやすい人の習慣はこれだ!
ボケ防止!サプリよりも医者選びが大事!
ボケ防止にサプリを飲む前に、ちゃんと認知症かどうか調べてもらうことが大事。でも診察を受けるときにもっと大事なことが。それは医者、病院選び。いい医者、悪い医者の見分け方について解説。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 サプリの選び方 サプリの基礎知識 サプリランキング