ボケ防止サプリメントのおすすめ成分とは?

Sponsored Link

ボケ防止にサプリ!どの成分が効果あるの?

日本はどんどんと高齢化しており、その影響で認知症の人も増え続けています。もうこれからはすべての人が認知症を心配しないといけない時代になってきました。だからこれからは自分でボケ防止のためにいろいろな努力をする必要があります。

 

その中で認知症予防、ボケ防止に今サプリが注目されています。

 

でも一番迷うのは「どのサプリを飲んだらいいのか?」「どの成分が一番効果があるのか?」ということではないでしょうか?

 

私自身家族の認知症だったり、自分の物忘れが気になりだしていろいろなサプリを調べました。その中で今ボケ防止に効果が期待できるサプリは、
@非常に抗酸化作用が強い成分を含んでいること。
A普段の食事ではとれない栄養素が中心のサプリであること。
B飲んでいて不安を解消することができるもの

 

3つの条件の2つ以上を満たすものが効果がありそうです。

 

3つの条件の中で最も期待ができそうな成分をふくだんサプリメントをランキング形式で解説します。実際お金をだして飲むサプリなので効果があるものを飲みたいですよね。

 

だから「あなたにとって効果がでるものを選んで欲しい」ので参考にてしてみてください。

 

(注)ボケ防止のサプリの成分として効果が期待できるものをランキングとしていますが、あくまでも個人的な意見であり、効果を実証するものではありません。

ボケ防止のサプリの成分ランキング

今認知症予防、ボケ防止に注目されているサプリの成分は本当にたくさんあります。

 

原料はホタテ、鶏肉、やまいも、米ぬか、ココナッツオイルなど様々なものがあります。その中でも実際に認知症の予防効果があるかどうか検討されたものもあり、様々な研究で効果の可能性が示されているものもあります。

 

今回はサプリの成分に注目して、抗酸化作用があり、普段の食事ではなかなかとれない成分を含み、さらにはネット、論文、口コミなどを調べてランキング形式にしてみました。

 

プラズマローゲン

哺乳類に存在するリン脂質の一種であり、私体人間にも存在している成分です。アメリカで発見されたプラズマローゲンは、認知症改善に非常に効果的な成分として注目されています。
プラズマローゲンにはとても強い抗酸化作用が証明されており、脳内の細胞や脳神経の機能や心筋、リンパ球などに多く含まれています。

 

海外研究の結果では、認知症になると体内のプラズマローゲンが減少する傾向がわかり一気に認知症予防に注目があつまりました。

 

最近の日本の研究では認知症患者さんにプラズマローゲンを与え、認知症テストなどを行い、改善の度合いなどを比較し、プラズマローゲンを飲んだ認知症患者の多くが多少なりとも改善が見られたという報告がでているんです。

 

アルツハイマー病の患者さんでも同じで、色々な認知症の種類の患者さんにプラズマローゲンが効果的だと判ってきました。2006年には高純度のプラズマローゲンを鶏から抽出する方法が特許を取り、2014年にはホタテから大量に抽出することに成功しています。

 

今まで、加齢のせいだから認知症になっても仕方ないとあきらめてしまっていた人が、プラズマローゲンであきらめなくてもよくなりました。ぼんやりしたり、物忘れが多かったりなど認知症の症状が出始めているような人には特に効果的であり、ボケ防止のサプリとしては一押しの成分です。

 

今のところ多くの研究報告がだされており、プラズマローゲンを使ったサプリの口コミは非常にOK。

 

現在のところ、鳥肉から抽出されたものと、ホタテから抽出されたものの2種類のプラズマローゲンがあります。どちらにも長所短所があり、一概にどちらがいいかはわかっていません。
ただしプラズマローゲンは残念なことに食品から有効な量をとることはできないため、サプリでの摂取しかありません。

 

もっとも今期待されている成分であり、たくさんの人から支持されていることから非常に安心であり、認知症予防には最適の成分です。

 

プラズマローゲンについて詳しく知りたい方はこちらから

 

フェルラ酸

ファイトケミカルとよばれるフェルラ酸ですが、プラズマローゲンと並んで注目されている認知症の予防のための成分です。1886年にオーストラリアで発見されたフェルラ酸は、性質などがしだいに注目されるようになって研究が進んできています。

 

フェルラ酸を使ってサプリメントが、実際の認知症予防や認知症の治療に効果があるかどうかの研究が多く行われています。お隣韓国での研究では、フェルラ酸が認知症患者に投与され、認知機能の改善が報告されました。

 

さらに日本でもフェラル酸含有食品を使って認知症の症状改善効果をみた研究も行われており、認知症の症状が改善したことまで報告されています。

 

あまり名前は有名になっていませんが、医学界や様々な業界でボケ防止の成分として話題になっている画期的な成分には間違いありません。

 

現在米ぬかから抽出される技術が確立されており、フェルラ酸は、食品や医薬品、化粧品などの原料に多く使用されています。認知症の症状改善、ボケ防止だけでなく、生活習慣病の予防から脳梗塞の予防の効果も期待されています。

 

プラズマローゲンについでかなり期待ができるのがこのフェラル酸です。ただし米ぬかから抽出されるため農薬含有の問題があります。そのためなるべく国産の米ぬかから作られたフェラル酸が使われているものを選らぶ必要があります。

 

フェルラ酸にも強い抗酸化作用であり、通常の食事ではフェルラ酸を多量にとることはできず、やはりサプりメントの力が必要です。

 

ドクターズサプリにも使われている成分であり、サプリを飲む私たちも安心、さらには将来がバラ色にみえるかも?

 

フェルラ酸について詳しく知りたい方はこちらから

 

EPA・DHA

EPAとDHAは、健康成分として有名であり、様々な健康サプリメントに配合されています。さらに以前からボケ防止のサプリの成分としても人気があり、本当に多くのサプリメントが販売されています。

 

しかし、どのような特徴を持っているのかよくわからないという人もいるのでは?

 

まずEPAは体に吸収される事により血管の働きを良くしたり、血栓を作りにくくする作用があり、動脈硬化を防ぎ、脳梗塞、心筋梗塞の予防効果が期待されています。EPAには直接的なボケ防止の作用はないのですが、脳梗塞などの脳の病気を予防することで血管性認知症などの発症を抑えてくれる作用があります。

 

DHAには脳内の神経における情報伝達をスムーズする作用とに抗酸化作用による老化抑制が認められています。DHAは神経細胞の膜にたくさん存在し、神経伝達物質の生産量を高めたり、脳内の情報伝達を活性化させる作用があります。またDHAは脳内の神経ネットワークは広げる働きや神経細胞にダメージを抑える働きがあることも報告されています。

 

DHAには直接的な認知機能を改善させる効果が期待されており、一番おすすめの成分です。

 

EPA・DHAはイワシ、サンマ、アジなどの青魚に多く含まれており、食事でとることが可能です。

 

他の成分と比べると食事でとれるのですが、有効量を摂取するには本当に毎日たくさんの魚の摂取が必要になります。

 

そのため家計のエンゲル係数を上げる原因になってしまいます。それを考えるとやはりサプリでの摂取が有効では?

 

あとEPA・DHAともに期待ができる成分ですが、残念なことにEPA/DHA単独での認知症予防効果は実証されていません。
さらに抗酸化作用というよりは、補っておきたい栄養成分であるため一緒に抗酸化作用の強い成分も飲む必要があります。

 

生活習慣などの予防にも働くため、飲んでおきたい成分ですが、かならず抗酸化物質と一緒に摂取することをお勧めします。

 

EPA・DHAについて詳しく知りたい方はこちらから

 

ジオスゲニン

ジオスゲニンという成分ご存知ですか?この山芋から抽出される成分ジオスゲニンが今認知症の予防、ボケ防止の成分として期待されています。

 

漢方にも利用されている山芋を記憶力改善に役立てようということで様々な研究が開始されました。その中で特に注目されたのが山芋に含まれるジオスゲニンという成分でした。このジオスゲニンが実は記憶力低下などの症状を引き起こすアルツハイマー病の原因とされるアミロイドβたんぱく質を減少させるという研究結果がを富山大学の研究グループから報告されました。

 

この報告からジオスゲニンという山芋の成分がボケ防止に効果があることが分かり、現在も様々な研究がおこなわれています。

 

このジオスゲニンですが、日本産の山芋の多くはジオスゲニン配糖体であるジオスチンの含有量が1%程度と低くいため、食事だけでは効果を期待するだけの量がとれません。さらにジオスゲニンを直接とることはできないため、山芋からは直接摂取するにはかなり効率が悪いものになります。そのため海外産の山芋を摂取するか、もしくはサプリとしての成分を摂取することがすすめられています。

 

山芋自体はもともと漢方に使われることも多く、「懐山芋」などは中国で栽培されているヤマイモです。滋養強壮剤があり、漢方では「山薬」として利用されていました。古くから先人たちが食べていた山芋、この抽出成分であるジオスゲニンが今ボケ防止の成分として注目されています。

 

ただし今のところ動物実験レベルでの効果であり、実際の人間で予防効果があるかどうかはわかっていません。そのため今回3位という順位にしました。ただこれからももっと多くの報告が出てくる可能性が高く、期待が持てる成分でしょう。

 

ジオスゲニンについて詳しく知りたい方はこちらから

 

中鎖脂肪酸

中鎖脂肪酸も他の成分と比べると聞きなれない成分です。

 

2〜3年前に結構ブームになったココナッツオイルに含まれる脂肪成分です。もともと海外では中鎖脂肪酸を含むココナッツオイルは健康や美容目的に利用されていたようです。それがアメリカで中鎖脂肪酸を使ったサプリやココナッツオイルを認知症の患者さんに投与したところ改善がみられたことが話題になり、今ボケ防止の成分としても注目されています。

 

中鎖脂肪酸はブドウ糖などの糖質に代わる脳のエネルギーとして注目されています。また抗酸化力もあることから脳細胞のダメージを減らす可能性もあることが報告されています。ただ中鎖脂肪酸自体が直接脳に働くわけではなく、分解されて生成されたケトン体が認知症予防効果、症状改善を発揮すると関Gなえられています。

 

この中鎖脂肪酸はココナッツオイルやパームオイルに含まれており、食事でも簡単に摂取することができます。ただしココナッツオイルなどは独特の風味、匂いがあるためなかなか大量にとることができません。そのため最近ではサプリの成分としても使われるようになってきています。

 

この成分も実験レベルでは脳細胞への効果が報告されていますが、まだまだ私たち人間に直接投与して、ボケ症状が改善したかどうかの報告はほとんどでていません。

 

ただし介護施設や病院などでは利用者が増えており、その効果が評判になっているようであり、ボケ防止の成分としては期待できそうです。まだまだでて新しいものなので5位という順位にしてみました。

 

中鎖脂肪酸について詳しく知りたい方はこちらから

ボケ防止にはサプリよりも・・・・

今回紹介したプラズマローゲン、フェルラ酸、EPA・DHA、ジオスゲニン、中鎖脂肪酸が認知症予防、症状の改善、さらに一般の人のボケ防止に注目されている成分です。

 

まだまだ他にも多くの効果が期待されたものがあります。ただその中でも口コミが非常に多く、さらにいろいろな研究がおこなわれていて期待ができそうな成分も選んでみました。

 

この中で特に摂取しておきたい成分を含み、そして効果、コスト、安心の面からランキングしたサプリがこちらです。

 

気になる成分があれば確認してみて、あなたが飲みたいと思うものかどうかをしっかりチェックしてください。

 

あくまでもボケ防止にサプリは補助のつもりにしましょう。運動、食事、生活習慣をしっかり正したうえで今効果が期待されている成分のはいったサプリをためしてみてください。


関連ページ

ボケ防止にはプラズマローゲンのサプリが効く!
認知症予防、ボケ防止にサプリを考えているあなた。今一押しはプラズマローゲンです。アルツハイマー病などの予防、症状の改善効果が報告されており、今注目。今回はプラズマローゲンについて解説。
ボケ防止にはフェルラ酸!サプリの効果は?
ボケ防止に様々なサプリが出ています。その中でフェルラ酸という成分を含んだサプリメントが多く販売されています。米ぬかから出るサプリで認知症予防に多く使われています。フェルラ酸の効果はいったいどんなものでしょうか?
やっぱりEPA・DHAのサプリがボケ防止にお勧め!
認知症予防、ボケ防止に以前からEPA・DHAのサプリが人気です。でも実際どこまで効果があるのか不明なところです。イチョウ葉エキスやリコピンなど効果が期待できる成分があり、それと組み合わせることで・・・ボケ予防に
ボケ防止に効果があるサプリ成分にジオスゲニンとは?
ボケ防止に効果が期待されている成分ジオスゲニン。ジオフェルンZに配合されている山芋から抽出された成分です。認知症への予防にどんな作用、効果があるのでしょうか?
中鎖脂肪酸のサプリがボケ防止に効果あり!
中鎖脂肪酸をご存知ですか?ココナッツオイルに含まれる成分ですが、アルツハイマー病などの認知症に効果が報告されています。ボケ防止のサプリとして注目の成分中鎖脂肪酸とは?
ボケ防止にイチョウ葉エキスは効果あり、なし?
「ボケたくない」「認知症になりたくない」と思ってボケ防止にサプリを考えているあなた。サプリにはどんな成分がいいのか知っていますか?プラズマローゲン、フェルラ酸などいろいろあり、ひとつひとうの成分について解説。
ボケ防止にリコピンのサプリが効く?なぜ?
ボケ防止に期待ができるサプリは多くありますが、最近リコピンが認知症の予防に効果がある可能性が。しかもリコピンと一緒にEPA・DHA、イチョウ葉エキスの3つを飲むことで認知症が予防できるデータもでており、リコピンが期待できます。
ボケ防止のサプリ成分ーフォスファチジルコリン
「ボケたくない」と思って、認知症予防、ボケ防止にサプリを考えているあなた。プラズマローゲン、フェルラ酸、ビタミンB、C、Eなど効果がある成分がたくさんあります。効果があるサプリの成分がどれかをしっかり解説します。
ボケ防止にビタミンのサプリは効くのか?
ボケや認知症を防止、予防するためにサプリが最近が人気です。その中でもよく聞くビタミンのサプリ。あなたも飲んだことがあるのでは?このビタミンのサプリはボケ防止に効果があるのでしょうか?
ボケ防止にビタミンCのサプリがいい!
「ボケたくない」と思ってボケ防止にサプリを考えているあなた。実はビタミンCのサプリが今期待されていることをご存知でしたか?ビタミンCが認知症やアルツハイマーを予防する可能性があり、その効果について解説します。
カルシウムのサプリはボケ防止にいいの?
女性はカルシウムが減少しやすいく、骨のことを考えてサプリや薬を飲んでいる人が多いのでは?実は最近カルシウムのサプリがボケ防止に効果があると噂があります。認知症予防に実際効果があるのでしょうか?
ラズベリーのサプリがボケ防止の救世主?それ本当
「ボケたくない」「認知症になりたくない」と思ってボケ防止にサプリを考えているあなた。サプリにはどんな成分がいいのか知っていますか?プラズマローゲン、フェルラ酸などいろいろあり、ひとつひとうの成分について解説。
ビタミンEがボケ防止に効果あり!それ本当?
以前からビタミンEのサプリがボケ防止、アルツハイマーや認知症の予防に期待されています。ビタミンEにはいったいどのような効果があって、なぜボケ防止にいいのかを解説します。
ボケ防止にはココナッツオイルのサプリで決まり!
ココナッツオイルがアルツハイマーなどの認知症に効果があることを知っていますか?最近ではボケ防止にサプリまで販売されています。このココナッツオイル実際どこまで認知症予防効果があるのか調べてみました。
ボケ防止にウコンのサプリは効くの?
ボケ防止や認知症予防に以前からウコンが効果があることがわかっています。ウコンのサプリも販売されていますが、実際効くのでしょうか?ウコンの効果、認知症の予防に関して解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 運動でボケ防止 ボケ防止グッズ サプリランキング