ボケ防止にビタミンEのサプリなぜいいのか?

Sponsored Link

ビタミンEがボケ防止に効く?


ビタミンEを知っていますか?

 

ビタミンBやビタミンCはよく宣伝にもでてくるので知っていますが、なかなかビタミンEがどんなものか知っている人は少ないのでは?

 

このビタミンEですが、不妊治療の研究の際に見つかったビタミンです。このビタミンには現在様々な効果がわかっており、いろいろなサプリの成分としてつかわれています。
実はビタミンEに認知症を予防する効果があることが最近分かってきており、ボケ防止につながる可能性があるのです。
実際ビタミンEがどんなものなのか、そしてどんな効果があってボケ防止のサプリとして使われているのかを解説します。

ビタミンEとは?

 

ビタミンEは脂に溶ける脂溶性のビタミンです。アーモンドなどのナッツ類、食用油、ナッツ油に多く含まれている成分です。

 

天然に存在するビタミンEはトコフェロール類とトコトリエノール類の2種類に分類されます。そしてトコフェロールとトコトリエノールはさらにα,β,γ,δの4種類に分類され、全部で8種類あります。この8種類のなかで実際食品の中にあるのはαトコフェロールとγトコフェロールの2種類がほとんどです。

 

トコトリエノールはという成分は食品には極微量しか含まれていませんが、最近コレステロールを下げる効果があることからその名前が注目されています。

 

ビタミンEは自体は体の中では細胞膜に存在しています。そして細胞膜の安定化に働き、さらに外部からはいってきた活性酸素などの外敵からの攻撃から守る働きをしています。さらに体内にある物質がが酸化されてしまうと老化などの原因となりますが、ビタミンEにはこの酸化を防ぐ抗酸化作用があることがわかっています。

 

ビタミンEの効果としては、
・血管の動脈硬化の進行を防ぐ
ビタミンEは酸化を防ぐ力があり、血管などを酸化した脂質から守る効果があります。動脈硬化は酸化物質にさらに悪化する可能性があり、ビタミンEはそれを抑える効果があります。

 

・血管拡張作用
ビタミンEは血管拡張作用があり、手足などの毛細血管を拡張します。冷え性などは血管拡張によって血流がよくなり、改善する効果が期待できます。

 

・美容効果
ビタミンCと一緒にビタミンEをととることで紫外線によって傷ついた肌細胞を修復してくれる。さらに抗酸化作用からしみ、ふきでものなどを防いでくれます。

 

・コレステロールを下げる効果
ビタミンEにはLDLコレステロールを低下させる作用があります。

 

・ホルモンバランスを調整してくれる効果
以上のような効果からビタミンEはアンチエイジング効果が期待され、サプリとしてたくさん販売されています。

 

まずはサプリに頼らず食事からとることが大事です。ビタミンEは植物油やナッツ油に多く含まれています。またアーモンド、落花生、かぼちゃ、モロヘイヤ、卵、うなぎ、いわし、ホウレンソウなどにも多く含まれており、これらの食材を普段の食事からとるようにこころがけてください。

 

主な食事の100gあたりのビタミンEの量は、アーモンド 31.0mg、モロヘイヤ 6.5mg、うなぎ 4.9mg、カボチャ 4.6mg、ホウレンソウ 2.6mgになります。

ビタミンEのボケ防止効果とは?

ビタミンEには非常に強い抗酸化作用があり、特にコレステロールなどの酸化を防ぐ効果があります。
ビタミンEがボケ防止に効果的に働くメカニズムは2つほど考えられています。認知症は加齢とともに増える細胞の炎症、酸化が関係していることが分かっています。ビタミンEは抗酸化作用が強いことで活性酸素などの脳細胞へのダメージを防いでくれることでボケ防止につながると考えられています。

 

さら動脈硬化の進行を抑える作用があり、にコレステロールを低下させる作用などから生活習慣病のリスクを低下させることでボケ防止に効果があると考えられています。今とのころ考えられているメカニズムとしてはこの二つですが、まだまだはっきりしたことは。

 

今のところボケ防止のメカニズムは解明されていませんが、実際のビタミンEを使ったアメリカの研究ではその効果が実証されています。1990年代後半に行われた調査ですが、4000人を超えた住民の生活習慣とサプリなどの摂取によってアルツハイマー型認知症の発症率が変わるかどうかをみた研究です。

 

この調査で100人程度の人がアルツハイマー型認知症を発症したのですが、その中でビタミンEとビタミンCのサプリを飲んでいた人とビタミンE、ビタミンCを含んだ複合サプリを飲んでいた人たちのアルツハイマー型認知症の発症が予防されたことが分かったのです。さらにビタミンE単独、ビタミンBでは発症を予防することはできませんでした。

 

さらに2006年の研究ではビタミンEが認知症の症状を進行を抑制するかどうかの研究が行われ、ビタミンEのサプリが19%程度進行を抑制することも分かったのです。つまりビタミンEが認知症の進行までも抑制することが分かったのです。

 

この効果からビタミンEはボケ防止に効果があるとされサプリとして販売されているのです。

ボケ防止にビタミンEのサプリを使うときの注意点。

 

ビタミンEには認知症を予防したり、その症状の進行を抑制する効果があり、ボケ防止に期待がもてます。
バランスのとれた食事をとりながらビタミンEを効率的にとるように心がけることが大事ですが、なかなか食事だけで十分な量をとることはできません。そこでうまくサプリを利用して効率的にビタミンEをとるようにしてください。

 

ただしビタミンEをサプリでとる時には2つほど注意が必要なことがあります。

ビタミンCとビタミンEを一緒に含んだものを選ぶ

ビタミンEの単独のサプリだけではボケ防止にはあまり効果がありません。ビタミンEとビタミンCを一緒に含んだものを摂取するようにしましょう。実はビタミンEは抗酸化作用は強いのですが、いったんその効果をつかってしまうと活性が低下してしまいます。その時ビタミンCがあればビタミンEは再度活性化し、また効果を発揮させる力でます。

 

ビタミンEをサプリでとるならビタミンCがはいったものを選ぶか、もしくは最初から複合ビタミンのサプリを選らぶことです。一応ビタミンEだけでなく、ビタミンC、ビタミンB群にもボケ防止の効果が期待されているので総合ビタミンサプリを選ぶことをお勧めします

 

ビタミンEの摂取量に注意する

ビタミンEですが、他のビタミンと違って多量にとりすぎると副作用が出る可能性があります。主な副作用としては皮膚のかゆみ、ほてり、むくみ、胃の不快感や頭痛などです。またビタミンEの過剰摂取によって骨粗しょう症になる可能性があります。しかもあまり過剰摂取することで死亡率も上がる可能性もあり注意が必要です。

 

1日摂取量としては男性8mg、女性10mg程度とされています。800mg以上の摂取は過剰であり、副作用、中毒症状の可能性がり注意が必要です。200mgを超えた摂取で死亡率が高まる可能性も報告されており、1日最大で100mg程度に抑えるようにしてください。

 

ビタミンEはボケ防止に期待ができる成分です。しかしサプリも使い方を間違ったら毒になる可能性があるためしっかり注意してからとるようにしてください。


関連ページ

ボケ防止サプリで効果がある成分はこれ!
ボケ防止、認知症予防に効果があるとされるサプリの成分はたくさんあります。成分の口コミ、報告の量など様々な点を考えてボケ防止サプリメントとしておすすめな成分をランキング形式で紹介します。
ボケ防止にはプラズマローゲンのサプリが効く!
認知症予防、ボケ防止にサプリを考えているあなた。今一押しはプラズマローゲンです。アルツハイマー病などの予防、症状の改善効果が報告されており、今注目。今回はプラズマローゲンについて解説。
ボケ防止にはフェルラ酸!サプリの効果は?
ボケ防止に様々なサプリが出ています。その中でフェルラ酸という成分を含んだサプリメントが多く販売されています。米ぬかから出るサプリで認知症予防に多く使われています。フェルラ酸の効果はいったいどんなものでしょうか?
やっぱりEPA・DHAのサプリがボケ防止にお勧め!
認知症予防、ボケ防止に以前からEPA・DHAのサプリが人気です。でも実際どこまで効果があるのか不明なところです。イチョウ葉エキスやリコピンなど効果が期待できる成分があり、それと組み合わせることで・・・ボケ予防に
ボケ防止に効果があるサプリ成分にジオスゲニンとは?
ボケ防止に効果が期待されている成分ジオスゲニン。ジオフェルンZに配合されている山芋から抽出された成分です。認知症への予防にどんな作用、効果があるのでしょうか?
中鎖脂肪酸のサプリがボケ防止に効果あり!
中鎖脂肪酸をご存知ですか?ココナッツオイルに含まれる成分ですが、アルツハイマー病などの認知症に効果が報告されています。ボケ防止のサプリとして注目の成分中鎖脂肪酸とは?
ボケ防止にイチョウ葉エキスは効果あり、なし?
「ボケたくない」「認知症になりたくない」と思ってボケ防止にサプリを考えているあなた。サプリにはどんな成分がいいのか知っていますか?プラズマローゲン、フェルラ酸などいろいろあり、ひとつひとうの成分について解説。
ボケ防止にリコピンのサプリが効く?なぜ?
ボケ防止に期待ができるサプリは多くありますが、最近リコピンが認知症の予防に効果がある可能性が。しかもリコピンと一緒にEPA・DHA、イチョウ葉エキスの3つを飲むことで認知症が予防できるデータもでており、リコピンが期待できます。
ボケ防止のサプリ成分ーフォスファチジルコリン
「ボケたくない」と思って、認知症予防、ボケ防止にサプリを考えているあなた。プラズマローゲン、フェルラ酸、ビタミンB、C、Eなど効果がある成分がたくさんあります。効果があるサプリの成分がどれかをしっかり解説します。
ボケ防止にビタミンのサプリは効くのか?
ボケや認知症を防止、予防するためにサプリが最近が人気です。その中でもよく聞くビタミンのサプリ。あなたも飲んだことがあるのでは?このビタミンのサプリはボケ防止に効果があるのでしょうか?
ボケ防止にビタミンCのサプリがいい!
「ボケたくない」と思ってボケ防止にサプリを考えているあなた。実はビタミンCのサプリが今期待されていることをご存知でしたか?ビタミンCが認知症やアルツハイマーを予防する可能性があり、その効果について解説します。
カルシウムのサプリはボケ防止にいいの?
女性はカルシウムが減少しやすいく、骨のことを考えてサプリや薬を飲んでいる人が多いのでは?実は最近カルシウムのサプリがボケ防止に効果があると噂があります。認知症予防に実際効果があるのでしょうか?
ラズベリーのサプリがボケ防止の救世主?それ本当
「ボケたくない」「認知症になりたくない」と思ってボケ防止にサプリを考えているあなた。サプリにはどんな成分がいいのか知っていますか?プラズマローゲン、フェルラ酸などいろいろあり、ひとつひとうの成分について解説。
ボケ防止にはココナッツオイルのサプリで決まり!
ココナッツオイルがアルツハイマーなどの認知症に効果があることを知っていますか?最近ではボケ防止にサプリまで販売されています。このココナッツオイル実際どこまで認知症予防効果があるのか調べてみました。
ボケ防止にウコンのサプリは効くの?
ボケ防止や認知症予防に以前からウコンが効果があることがわかっています。ウコンのサプリも販売されていますが、実際効くのでしょうか?ウコンの効果、認知症の予防に関して解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 運動でボケ防止 ボケ防止グッズ サプリランキング