ボケ防止にはサプリメントとウォーキングが効く!

Sponsored Link

ボケ防止にはやっぱり運動!

 

あなたはボケ防止に運動していますか?

 

実は認知症の一番の原因は運動不足とされています。つまり運動不足を解消することができれば認知症を予防することができるのです。将来年をとってからも頭はボケずに、体も丈夫で健康に過ごせる時期が増える可能性があります。

 

でも運動といってもいろいろあります。その中で一番簡単でお金もかからずに効果的にできる運動、それは「ウォーキング」です。ボケ防止を考えるのであればサプリを飲むだけでなく、ウォーキングを一緒に行う。これがもっとも効率的な方法でしょう。

 

ボケ防止の運動にウォーキングをする際にはちょっとした注意点があります。今回はウォーキングがなぜ効果があるのか、そしてその方法について解説します。

ウォーキングがなぜボケ防止にいいのか?

 

ウォーキングと聞いてなぜこれがボケ防止や認知症の予防にいいのか疑問に思いませんか?実際私たちはボケ防止にサプリを飲んでいる方が効果がありそうな気がします。

 

あなたもご存じのようにウォーキングは歩くだけの運動なので誰でも始めやすく無理なく続けられるのが特徴です。この単純な運動が一番アルツハイマー病などの認知症を防ぎ、将来ボケないような頭を作り出してくれます。

 

ウォーキングがなぜ効果があるのかというとまず動くことで体に酸素が取り入れられ、その酸素は脳にも運ばれていきます。酸素を運ぶのは血液ですから体を動かすことで血流が良くなり、さらに脳に新鮮な酸素が供給されるというメリットがあります。そして脳血流が増えることで脳細胞が活性化することで認知機能の改善効果が期待できます。

 

さらにウォーキングは有酸素運動と呼ばれる運動になります。最近の研究では有酸素運動で一定時間行うことで脳内のBDNF(脳由来神経栄養因子)と呼ばれる神経の栄養が増加することが分かっています。このBDNFが増加することで、記憶の中枢である海馬の細胞が新生することもわかっています。

 

またウォーキングなどの運動は脳内の神経伝達物質を増やす効果もあり、神経細胞自体を活発にする効果もわかっています。他にも運動によって前頭葉や海馬の容積自体も大きくなることが分かっており非常に運動は注目されています。

 

運動に関するボケ防止の研究は世界各国で行われいますが、その中でアメリカでの研究ででは週に12時間のウォーキングもしくは4時間程度のランニングがもっとも予防効果が高いことが示されています。そして私たち日本の研究からも週1回以上の運動習慣が認知症の発症リスクをさげることがわかりました。

 

つまり運動、その中でもウォーキングがボケ防止に非常に効果的な運動です。サプリを飲むだけでなく、一緒に習慣としたい行動になります。

効果的なウォーキング方法とは?そしてサプリは?

 

ボケ防止にウォーキングを行うのであればちょっとした注意が必要です。

 

まずはだたいたい1度のウォーキングで歩くべき歩数はおよそ5,000歩前後がボケ防止にいいことがわかっています。認知症を予防だけでなく、体力維持を考えるのであればだいたい8000歩程度を目標にしましょう。12000歩以上を超えるウォーキングはにはボケ防止効果はあまりなく、運動習慣がほとんどない人にとっては膝や腰を痛める原因になるため注意が必要です。

 

高齢の方でボケ防止を考えるなら早歩きくらいの速度で5,000歩ほどを目標にまずは開始しましょう

 

だいたい5000歩であれば時間にすると20分から30分弱くらいなので無理なく継続できる範囲です。毎日ちょっと散歩をするくらいの感覚でウォーキングを行えばボケ防止に効果を期待できます。

 

ちなみに早歩きとはどのくらいの速度なのかについてですが、目安としては人と会話はできるが歌を歌うのは難しいくらいとされています。もちろん最初はもっとゆっくりでもいいですが慣れてきたら早歩きで5,000歩を目指しましょう。

 

そしてあと大事なのが、ウォーキングをするときには楽しんでやってください。いやいややっても効果はでません。誰かと一緒に歩いたり、お気に入りの曲を聴きながらすればより効果的な刺激となります。

 

最後に予防になるならといっていきなり長時間の運動を行う方がいます。ただ運動のしすぎはかえって逆効果です。あまりハードな運動は体内で活性酸素を発生させ、この活性酸素が認知症のリスクを高めてしまいます。長時間の運動で筋肉を傷めたり、膝、腰を痛めることにつながります。ゆっくりと長く継続するためにもゆっくりとほどほどにやることが予防の秘訣になります。

 

ボケ防止にサプリを飲んでいる方は毎日飲むを忘れず、そしてウォーキングはだいたい週3回くらいの頻度で行うことを心がけましょう。

 

ボケ防止にはサプリだけでなく、さらにウォーキングなどの運動をとりいれることでさらに予防効果を発揮してくれるでしょう。


関連ページ

ボケ防止には運動がベスト!認知症予防におススメの運動5選
なっといっても運動がボケ防止には一番。認知症予防にエビデンスがあるのが運動。拮抗体操、指体操、コグニサイズ、ウォーキングなどいろいろな予防方法があります。あなたにお勧めの運動とは?
ボケ防止に運動!認知症予防になぜ運動がいいの?
ボケ防止にサプリを飲んでいる人。もっと効率をあげるには運動が一番のボケ防止になります。なぜ運動が認知症予防になるのか、サプリとどちらがいいのか解説します。
ボケ防止にサプリだけでなくコグニサイズも!
ボケ防止にサプリを考えているあなた。サプリメントと一緒にコグニサイズやってみませんか?今認知症予防の運動として最も注目されています。「ながら運動」、頭と体を同時に使いながらサプリを飲むのが一番のボケ防止に!
ボケ防止に拮抗体操?サプリとどっちがいいの?
「ボケたくない」と思っている人は拮抗体操を知っていますか?サプリを飲むこともいいのですが、ちょっとした運動を一緒にやることが物忘れ、ボケ防止にはかなり役立ちます。いったいどちらがいいのかを解説します。
コグニサイズをボケ防止に始める時の注意点
コグニサイズが認知症予防の運動としてはやっています。ボケ防止にサプリを飲むならぜひ一緒にコグニサイズを取り入れていただきたい。その時の注意点、方法などについて解説します。
コグニサイズでボケ防止!
ボケ防止にサプリを飲んでいる人。サプリメントだけでは予防はできません。今は運動、その中でも「コグニサイズ」がもっとも効果的です。これから認知症予防を考えるのならコグニサイズがおすすめ。
運動がボケ防止!普段の生活にとりいれたい7つの習慣はこれ!
運動がボケ防止や認知症予防に効果があるのを知っていますか?認知症は運動不足が一番の原因です。サプリよりもまずは運動習慣をつける必要があり、そこにポインタが必要です。
ボケ防止には運動が必要!今から始めたい筋トレ4選
運動が認知症予防に一番効果があることがわかっています。運動の中でも「筋トレ」も実はボケ防止には効果を発揮します。今回はあなたにおススメの筋トレ方法を解説します。
ボケ防止に始めたい運動とは?
運動が認知症予防に一番効果があることがわかっています。運動の中でも「筋トレ」も実はボケ防止には効果を発揮します。今回はあなたにおススメの筋トレ方法を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 運動でボケ防止 ボケ防止グッズ サプリランキング