ボケ防止にはサプリメントとコグニサイズ

Sponsored Link

ボケ防止には今はコグニサイズが熱い!

 

コグニサイズをご存じですか?

 

今やいろいろな介護事業所や認知症予防講座などでと入れられている運動になります。このコグニサイズとですが、国立長寿医療研究センターによって開発されたボケ防止のための運動です。

 

実は家が本当に簡単にできる運動です。ちょっとしたことを意識するだけで簡単にでてきて、そしてアルツハイマーなどの認知症予防につながる。非常にすぐれものの運動方法です。ウォーキングなどのちょっと疲れる運動はしたくないと思っている人はうってつけかもしれません。

 

認知症予防やボケ防止にサプリを飲んでいる人は、このコグニサイズを試してみてください。サプリの効果が倍増すること間違いありません。

 

でも実際急にコグニサイズと言われもどんなものか想像がつかないと思います。そこで今回はサプリと一緒にやっておきたい簡単な運動「コグニサイズ」について解説します。

コグニサイズとは?


コグニサイズは日本で開発された運動方法です。

 

国立長寿医療研究センターの医師が中心となって認知症やアルツハイマーを予防するための取り組みとして開発されました。語源は英語のcognition (認知・認識) という言葉とexercise (運動)という言葉 を組み合わせてcognicise(コグニサイズ)と命名したようです。

 

運動が海馬の神経細胞を新生させ、脳細胞を守ってくれる栄養素まで増やしてくれます。いろいろな運動があるのですが、今コグニサイズが日本では非常に注目が集まっています。コグニサイズと聞くと何かすごいことを想像するかもしれませんが、実は本当に単純な運動なんです。

 

コグニサイズを簡単に説明すると「頭の中で勉強をしながら運動をする」だけなんです。例えば気のあう仲間と一緒にしりとりしながらウォーキングだったり、計算しながら自宅でステップ運動をする。つまり頭の中でやる課題と体の運動を組み合わせて同時に行うことをいいます。
基本的には運動方法に関してはまったく制限がありません。あなた自身が興味があって簡単にできるものでもかまいません。ただし、軽く息が上がるくらいの強度があり、その時脈拍も一定の数上昇する運動を選んでください。そしてあなたが選んだ運動を行っている最中に頭の中でいろいろな言語的な問題を同時に行うものになります。

 

実際運動に関しては少しきついものがいいのですが、言語的な課題に関しては最初から難しいものをやっても長続きしません。だからまずは簡単な計算、しりとりなどから初めて慣れてきたらちょっと間違えるくらいの難しい問題を運動中に同時やってみることです。

実際のコグニサイズはどんなもの?

 

一応コグニサイズにはコグニステップやコグニダンス、コグニウォーキング、コグニバイクなど様々な種類の運動がありますが、これらをまとめてコグニサイズと呼びます。
先ほども言ったようにコグニサイズでポイントになるのが運動しながら物を考えるということです。運動と同時に物を考えることも認知症予防に繋がりますから、その両方を同時に行ってしまうわけです。

 

そして運動の内容や考えるテーマも何でも良いというのが大きなポイントになります。たとえば歩きながら誰かとしりとりをする、これはコグニウォーキングに該当します。その場で足踏みをしながら紙に書かれた簡単な計算問題を解くのもいいでしょう、これはコグニステップです。

 

このように、簡単な運動と簡単なテーマを考えればそれはすべてコグニサイズに該当します。

 

そしてどんな運動をするのか、どんなテーマを考えるのか、この2つも非常に重要で自分で考えることが大切です。課題やテーマを考えることもボケ防止に繋がるからです。このような方法でコグニサイズを毎日の生活に取り入れていきましょう。

 

ボケ防止にはサプリだけではありません。しっかりと運動することも大事です。コグニサイズをより効果的にするときの注意点を書くので参考にしてください。

 

ボケ防止にコグニサイズをする時の注意点
1日10分〜20分程度の短時間でいいから毎日やる
長時間やっても体力的な負担が大きいですし、それでケガをしたりすれば意味がありません。毎日少しの時間でいいので継続することをが大事です。
誰かに考えてもらうのではなく自分自身でどんな内容にするかを決める
自分で考えることもボケ防止につながります。慣れてきたら自分がやりやすい運動にいろいろなことを組み合わせてみましょう。
コグニサイズの場合はひとつの運動ここだわらず、日替わりで運動を考える
毎日同じ動作ばかりつづけていても慣れがでてきて効果は軽減してしまいます。なるべく飽きがこずに慣れないように運動をいろいろ考えましょう。
昨日はどんな運動をしたのか、思い出す
ボケ防止に前の日の行動を思い出すこともトレーニングの一環です。

 

ボケ防止を考えるのであればコグニサイズもサプリも継続することが効果をだす秘訣です。適度な運動をし、物事を考える、そして効果のあるサプリを飲む。これは認知症を予防するためにとても重要な要素です。

 

ボケ防止は楽しみながらつづけることが大事です。コグニサイズもサプリもあなたの脳にとっては非常にためになるものではないでしょうか?


関連ページ

ボケ防止には運動がベスト!認知症予防におススメの運動5選
なっといっても運動がボケ防止には一番。認知症予防にエビデンスがあるのが運動。拮抗体操、指体操、コグニサイズ、ウォーキングなどいろいろな予防方法があります。あなたにお勧めの運動とは?
ボケ防止に運動!認知症予防になぜ運動がいいの?
ボケ防止にサプリを飲んでいる人。もっと効率をあげるには運動が一番のボケ防止になります。なぜ運動が認知症予防になるのか、サプリとどちらがいいのか解説します。
ボケ防止にはサプリと運動!ウォーキングがおススメ
ボケ防止、認知症予防にはサプリもいいけど、やっぱり運動も重要。運動の中でもウォーキングが一番簡単で効果があります。サプリメントを取りながら週3回のウォーキングがアルツハイマーを予防してボケ予防に効果があります。
ボケ防止に拮抗体操?サプリとどっちがいいの?
「ボケたくない」と思っている人は拮抗体操を知っていますか?サプリを飲むこともいいのですが、ちょっとした運動を一緒にやることが物忘れ、ボケ防止にはかなり役立ちます。いったいどちらがいいのかを解説します。
コグニサイズをボケ防止に始める時の注意点
コグニサイズが認知症予防の運動としてはやっています。ボケ防止にサプリを飲むならぜひ一緒にコグニサイズを取り入れていただきたい。その時の注意点、方法などについて解説します。
コグニサイズでボケ防止!
ボケ防止にサプリを飲んでいる人。サプリメントだけでは予防はできません。今は運動、その中でも「コグニサイズ」がもっとも効果的です。これから認知症予防を考えるのならコグニサイズがおすすめ。
運動がボケ防止!普段の生活にとりいれたい7つの習慣はこれ!
運動がボケ防止や認知症予防に効果があるのを知っていますか?認知症は運動不足が一番の原因です。サプリよりもまずは運動習慣をつける必要があり、そこにポインタが必要です。
ボケ防止には運動が必要!今から始めたい筋トレ4選
運動が認知症予防に一番効果があることがわかっています。運動の中でも「筋トレ」も実はボケ防止には効果を発揮します。今回はあなたにおススメの筋トレ方法を解説します。
ボケ防止に始めたい運動とは?
運動が認知症予防に一番効果があることがわかっています。運動の中でも「筋トレ」も実はボケ防止には効果を発揮します。今回はあなたにおススメの筋トレ方法を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 運動でボケ防止 ボケ防止グッズ サプリランキング