ボケ防止の運動には筋トレが一番。その方法とは

Sponsored Link

ボケ防止の運動に筋トレ?

あなたは運動してますか?

 

実は今日本では、運動を趣味にする人がどんどん減っています。

 

仕事が忙しかったり、スマフォなどのゲームの発達でどんどん運動ばなれがおきており、運動不足の人が増えています。

 

認知症は運動不足から起こってきます。

 

だから将来ボケたくない人は普段から運動を習慣づける必要があります。

 

今回はボケ防止に効果がある運動の中でも筋トレに注目して解説します。

 

普段忙しくて運動ができないと嘆いている人必見。自宅で簡単にできるボケ防止のための運動である筋トレをご紹介します。

なぜ筋トレがボケ防止に効果があるのか?

 

筋力トレーニング(筋トレ)は経験したことがあるのではないでしょうか?

 

「部活で優勝するため」
「たるんだ体をかっこよくなるため」
「健康のため」

 

本当にいろいろな目的で筋トレをしているのではないでしょうか?実は誰でも経験したことある筋トレにはボケ防止効果が期待できるんです。

 

筋トレとは
筋肉に力を込め、動かしていく、その時に痛みだったり、様々な刺激を感じ、そしてまた次の動きを筋肉に伝える。この一連の動きを脳がメインとなって筋肉や神経回路に刺激を与えたり、情報を受け取ったりしながら行わう運動のこと

 

認知症になってしまうと感覚神経からの刺激が脳に伝わりにくくなります。

 

感覚が低下してしまうと脳へ伝達される刺激が減少してしまい、痛みや感覚を認識も減少してしまうためです。

 

つまり感覚神経からの伝達を使って、脳が筋肉に指令をだし、体の動きを微調整していたものが、認知症になってしまって感覚入力が減ってしまうことでうまく筋肉への伝達も難しくなってしまうのです。

 

そして感覚機能が低下してしまうと暑さ、寒さといった気温の感覚がなくなったり、骨折していても痛みの感覚が低下しているせいで発見が遅れたりすることもありえます。

 

筋トレを取り入れて、脳を内面から刺激していくことが大事になっていきます。

 

ウォーキングなどの有酸素運動のような脳細胞を増加させる作用はありません。ただし筋力低下からくる様々な病気を防ぐことで間接的にボケ防止効果を発揮してくれるのが筋トレになります。

 

ウォーキングとは違って筋トレの場合には少しきつい、ちょっと痛いところまで刺激することが大事です。

 

少し強めの刺激が脳に効果的な信号として伝わり、感覚系の神経回路を活性化させます。そして神経回路が刺激されれば神経の伝達具合も調整され、さらに認知機能の向上につながるのです。

 

筋トレも以外に知られてはいないのですが、ボケ防止には必要な運動になります。

ボケ防止に取り入れたい筋トレ運動とは?

 

筋トレをするには少し準備が必要です。

 

まずは大きく深呼吸してからストレッチから始めましょう。

 

上半身から両手をつないで大きく腕を肩から伸ばしてください。だいたい10秒くらいで、必ず息を止めないようにストレッチをしてください。

 

次に肘を曲げた状態で両腕を大きく広げましょう。肩甲骨を広げるイメージでしっかりと腕を10秒程度広げてください。

 

そしてアキレス腱を伸ばして、体全体の筋肉に刺激を与えてあげましょう。

 

体全体をストレッチでほぐすことでまずはけがを予防することが重要です。いきなり筋トレをして、けがでもしたらもともこもありません。十分に注意しながらストレッチをしてください。

 

ストレッチで準備ができたら早速筋トレにはいっていきます。

 

基本的にボケ防止のためには、ハードな筋トレは必要ありません。まずは簡単にどこでもできるものから取り入れていきましょう。家でも仕事でも簡単にできる筋トレ法を紹介します。

 

椅子に座って足上げ

 

まずは椅子に深く腰掛けて、背筋を伸ばしましょう。

 

まずは座ったままの状態で片足を水平まで上げます。そこから10cmくらい上下に上げ下げをしましょう。

 

片方ずつお足で10?20回程度で行い、左右両方とも2回くらい行いましょう。

 

その際には決して呼吸は止めずにゆっくり呼吸をしながら行うように注意してください。また両足の太ももを意識するように実践してください。

 

椅子に座って両足をあげる

 

先ほどと同じように椅子に深く座ったままで背筋を伸ばします。

 

両手で椅子のひじ掛けを持ち両足をそろえた状態にして、両膝が胸につくようなイメージで曲げてみてください。

 

ちょうど椅子の上で体育座りするような体制をイメージしてください。

 

足を上げる際も息を止めずにしっかりと呼吸をしながら行ってください。20回を目標にに行い、腹筋周りを意識して行いましょう。

 

開脚スクワット

 

広いところでしっかりと立ちましょう。背筋をしっかり伸ばして、つま先を外側に向けて足を大きく開いて立ちます。

 

立った状態で腕を組み、ゆっくりと腰を落としていきましょう。

 

上体を下半身に向かって上下に20cm程度動かすような気持ちで上げ下げを繰り返てください.。スクワットの際も呼吸を意識しながら、太ももとの内側に力が入っているかどかを意識しながら行ってください。

 

その他

 

普段の生活で簡単にできる筋トレ方法です。普段の生活の中で通勤している人は多いはずです。

 

この時なるべくエレベーター、エスカレターなどは使わずに歩く事を意識して、自分の筋肉に負荷をかけるようにしましょう。

 

特に階段昇降は下半身の良い筋トレになり、転倒のリスクを減少させてくれます。

 

あと主婦の方の場合は、自宅で家事をしている時には、つま先立ちで上下に動かすのもいい筋トレになります。

 

このくらいであれば自宅でも会社でも簡単にできるでしょう。

 

ちょっとした空き時間を利用して毎日欠かさず筋肉をいじめる、そして習慣化することをこころがけましょう。

 

トレーニングジムに通っている人は、今やっている筋トレ習慣を大事にして継続してください。

 

筋トレ時の注意

 

・筋トレは体に負担がないよう無理なく行ってください。
・筋肉にちょっとした刺激を与えることは大事ですが、あまりハードなものは逆に怪我の元なので十分注意しましょう。
・まじは少しずつ、慣れてきたら増やしていきましょう。
・いきなりハードにしてやめてしまっても意味がなく、継続が力となります。

ボケ防止を考えるならまずは運動!筋トレはじめてみてください。

運動が認知症予防に効果があるのは科学的、そして臨床研究からすでに実証されています。

 

サプリを探している人。

 

サプリは転ばぬ先の杖です。サプリを飲みながら絶対に運動習慣をつけるようにしてください。

 

運動こそボケ防止の最高の方法であり、成人病なども防いでくれる万能の薬です。

 

今回は運動の中でもご自宅で簡単にできる筋トレを紹介しました。

 

私もいつも座りながら筋トレに励んでいます。あなたも是非筋トレを取り入れてみてください。


関連ページ

ボケ防止には運動がベスト!認知症予防におススメの運動5選
なっといっても運動がボケ防止には一番。認知症予防にエビデンスがあるのが運動。拮抗体操、指体操、コグニサイズ、ウォーキングなどいろいろな予防方法があります。あなたにお勧めの運動とは?
ボケ防止に運動!認知症予防になぜ運動がいいの?
ボケ防止にサプリを飲んでいる人。もっと効率をあげるには運動が一番のボケ防止になります。なぜ運動が認知症予防になるのか、サプリとどちらがいいのか解説します。
ボケ防止にはサプリと運動!ウォーキングがおススメ
ボケ防止、認知症予防にはサプリもいいけど、やっぱり運動も重要。運動の中でもウォーキングが一番簡単で効果があります。サプリメントを取りながら週3回のウォーキングがアルツハイマーを予防してボケ予防に効果があります。
ボケ防止にサプリだけでなくコグニサイズも!
ボケ防止にサプリを考えているあなた。サプリメントと一緒にコグニサイズやってみませんか?今認知症予防の運動として最も注目されています。「ながら運動」、頭と体を同時に使いながらサプリを飲むのが一番のボケ防止に!
ボケ防止に拮抗体操?サプリとどっちがいいの?
「ボケたくない」と思っている人は拮抗体操を知っていますか?サプリを飲むこともいいのですが、ちょっとした運動を一緒にやることが物忘れ、ボケ防止にはかなり役立ちます。いったいどちらがいいのかを解説します。
コグニサイズをボケ防止に始める時の注意点
コグニサイズが認知症予防の運動としてはやっています。ボケ防止にサプリを飲むならぜひ一緒にコグニサイズを取り入れていただきたい。その時の注意点、方法などについて解説します。
コグニサイズでボケ防止!
ボケ防止にサプリを飲んでいる人。サプリメントだけでは予防はできません。今は運動、その中でも「コグニサイズ」がもっとも効果的です。これから認知症予防を考えるのならコグニサイズがおすすめ。
運動がボケ防止!普段の生活にとりいれたい7つの習慣はこれ!
運動がボケ防止や認知症予防に効果があるのを知っていますか?認知症は運動不足が一番の原因です。サプリよりもまずは運動習慣をつける必要があり、そこにポインタが必要です。
ボケ防止に始めたい運動とは?
運動が認知症予防に一番効果があることがわかっています。運動の中でも「筋トレ」も実はボケ防止には効果を発揮します。今回はあなたにおススメの筋トレ方法を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 運動でボケ防止 ボケ防止グッズ サプリランキング