ボケ防止にはサプリメント、それとも運動

Sponsored Link

ボケ防止に運動する前にやっておきたい習慣とは

 

あなたは「ぼけたくない」、「認知症になりたくない」と今思っていませんか?

 

そんな私も実はボケ防止のためにいろいろなことを調べて、ひとつずつ実践しています。でもどの本、文献をみても運動が一番のボケ防止方法とされています。でもこれはみんなが知ってる事実なんです。だから最近本当に健康、ボケ防止にウォーキングなどの運動を始めている人が多くなりました。
でもちょっと待ってください。

 

ボケ防止に運動をはじめる、もしくは再開した人には注意が必要です。実は運動をする前に身につけてほしい習慣があります。今回はボケ防止で運動を考えているあなたに気を付けてもらいたい運動前の7つの習慣について解説します。

運動前にしっかりとみにつけておきたい7つの習慣

 

認知症の原因は運動不足が一番の原因です。

 

だからボケ防止、認知症予防に運動することがもっとも効果的な予防方法といわれています。本当にウォーキングや好きな運動をするでだけで、海馬の脳細胞が増えることがわかっています。

 

このサイトを見ている人で今運動でボケ防止、もしくは認知症を予防したいと思っているのではあれば、もっと効果的ににする方法があります。それは運動する前、最中などにちょっとした7つの習慣を実行するだけでより効果的なものになります。

 

ぜひ運動をするときにこの7つの習慣を取り入れてみてください。

 

7つの習慣

 

無理をせず、楽しむ

ボケ防止のためには運動を始めることは非常に重要です。でもその前に忘れてはいけないことがあります。それは楽しむこと。

 

まずはあなたが楽しめる運動をみつけるようにしてください。運動すればボケ防止つなるかもしれませんが、楽しくもないことは逆にストレスになり、効果が上がりません。さらにストレスは逆に認知症の危険を増大させます。

 

だからまずは自分で楽しめる運動を最初に見つけましょう。そして運動を始める時には決して無理をせず、ゆっくりと始めてください。あれもこれもとたくさんのものを欲張って実行しても、結局どっちつかずになってしまいます。急にかんばると怪我の危険背もあり、まずは無理せず、焦らずに始める習慣が必要です

 

しっかり準備をしてから運動

運動を始めるにあたっていきなり開始してしまう方はいませんか?

 

体が温まっていない状態で運動を始めしまうと怪我につながる可能性が高くなります。しっかりとストレッチで体をほぐし、体を十分温めてから運動を開始するようにしましょう。

 

若いころに比べると運動をしてもどうしても水分摂取が不足がちになります。暑い時期には熱中症の危険性が高くなるため前もって水分補給をしましょう。運動の途中にしっかりと水分摂取できるように水、もしくはスポーツ飲料水を準備しておきましょう。

 

運動前の準備運動やストレッチ、水分補給などの運動前の準備を習慣にしてください

 

何か異変があったらすぐに運動は中止する

 

高齢になるとちゃんと運動前にストレッチをしても、怪我をする可能性があります。突然体に痛みを感じたり、違和感があったら一旦中止して休息をとりましょう。休んだ後には、痛みの部分を確認しましょう。もし運動をやめた後も違和感や痛みが続くようならその時点で終了しましょう。

 

疼痛あるとふらついてしまい転倒の危険性が高くなります。まずは何かあったら無理せず、何かにつかまってか中断してください。そして運動中断後ももふらつき、気分不良が続くよなら休むようにしてください。

 

基本的に運動はボケ防止が目的であり、けがをするためではありません。運動中に何か異変を感じたら無理せず中止する習慣を持ちましょう。さらにはじめから体調が悪かったり、熱などがある場合には最初から運動は控えましょう。

 

運動中には呼吸を意識して、止めないようにする

 

運動の最中には呼吸を意識することが大事です。

 

多くの人が夢中になりすぎて気がつくと息を止めてしまっています。息を止めてしまうと全身の筋肉に力がはいり緊張してしまいます。さらに息こらえになってしまい、血圧が上がることもあるため十分注意が必要です。

 

勝負事で運動しているのでありません。あくまでもボケ防止のためにする運動のため、リラックスした状態で行ってください。

 

どんな運動の時も息をすることを意識しながら運動し、テンポよく呼吸してください。そうすれば運動自体が非常に効果的なものとなり、あなたのボケ防止につながると思います。運動をするときには呼吸を意識する習慣を持ってください

 

運動するときにはまずは基本を押さえる

 

どんな運動にも基本の形があります。ウォーキングもただ歩くだけでなく、歩き方の基本があったり、ボケ防止に効果的な方法があります。ほかのスポーツも基本動作があります。

 

まずはあなたが取り入れたり運動の基本を頭に入れましょう。そして慣れるまではその基本に忠実に行うようにしましょう。ボケ防止には複雑な運動はいりません。できれかぎりに簡単に続けられる基本の形から学ぶようにしてください。そして慣れてくればどんどんと工夫するようになり、そしてもっと楽しくできるように運動を行ってください。運動するときにはまずは基本を押さえる習慣を持ちましょう

 

運動する時に会話にこころがける

 

運動する時には基本を守りなが楽しみながら行ってください。そして運動する時には人との会話も心がけましょう。あいさつだけでもかまいません。ボケ防止は運動だけでなく、ひととの触れ合いも重要です。
楽しみながら人と触れ合い、会話しながら運動してみてください。運動するときには楽しみながら会話をするような習慣をもちましょう

 

継続が力なり

 

運動を数回程度やったからといってすぐにボケ防止にはつながりません。あくまでも続けていかないと運動の予防効果はありません。いつも楽しく継続していくことが大事です。常に同じことばかりしているとマンネリになって、つまらなくなってしまいます。

 

場所を変えたり、イベントに参加したり、時間などを変えたりして工夫しながら運動を継続してください。運動を継続する習慣をもってください

サプリよりもしっかりとし習慣をもって運動をすることが大事

 

今あげた7つの習慣は実は本当に当たり前のことです。

 

でも本当にちょっとしたコトなんですが、それをちょっと気をつけるだけで効果は全く違うものになります。楽しく続けられる運動であれば、どんなスポーツや運動を選んでもかまいません。その時にちょっとでもいいのでこの7つの習慣を意識してやってみてください。

 

サプリだけ飲んでいてもまったく効果はありません。この7つの習慣に従いながら運動をすればボケ防止は間違いないかもしれません?


関連ページ

ボケ防止には運動がベスト!認知症予防におススメの運動5選
なっといっても運動がボケ防止には一番。認知症予防にエビデンスがあるのが運動。拮抗体操、指体操、コグニサイズ、ウォーキングなどいろいろな予防方法があります。あなたにお勧めの運動とは?
ボケ防止に運動!認知症予防になぜ運動がいいの?
ボケ防止にサプリを飲んでいる人。もっと効率をあげるには運動が一番のボケ防止になります。なぜ運動が認知症予防になるのか、サプリとどちらがいいのか解説します。
ボケ防止にはサプリと運動!ウォーキングがおススメ
ボケ防止、認知症予防にはサプリもいいけど、やっぱり運動も重要。運動の中でもウォーキングが一番簡単で効果があります。サプリメントを取りながら週3回のウォーキングがアルツハイマーを予防してボケ予防に効果があります。
ボケ防止にサプリだけでなくコグニサイズも!
ボケ防止にサプリを考えているあなた。サプリメントと一緒にコグニサイズやってみませんか?今認知症予防の運動として最も注目されています。「ながら運動」、頭と体を同時に使いながらサプリを飲むのが一番のボケ防止に!
ボケ防止に拮抗体操?サプリとどっちがいいの?
「ボケたくない」と思っている人は拮抗体操を知っていますか?サプリを飲むこともいいのですが、ちょっとした運動を一緒にやることが物忘れ、ボケ防止にはかなり役立ちます。いったいどちらがいいのかを解説します。
コグニサイズをボケ防止に始める時の注意点
コグニサイズが認知症予防の運動としてはやっています。ボケ防止にサプリを飲むならぜひ一緒にコグニサイズを取り入れていただきたい。その時の注意点、方法などについて解説します。
コグニサイズでボケ防止!
ボケ防止にサプリを飲んでいる人。サプリメントだけでは予防はできません。今は運動、その中でも「コグニサイズ」がもっとも効果的です。これから認知症予防を考えるのならコグニサイズがおすすめ。
ボケ防止には運動が必要!今から始めたい筋トレ4選
運動が認知症予防に一番効果があることがわかっています。運動の中でも「筋トレ」も実はボケ防止には効果を発揮します。今回はあなたにおススメの筋トレ方法を解説します。
ボケ防止に始めたい運動とは?
運動が認知症予防に一番効果があることがわかっています。運動の中でも「筋トレ」も実はボケ防止には効果を発揮します。今回はあなたにおススメの筋トレ方法を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 運動でボケ防止 ボケ防止グッズ サプリランキング