私のおすすめボケ防止方法とは?

Sponsored Link

認知症の症状「もの忘れ」と向き合う時に実行することはコレ!

年齢:40歳後半 女性

 

家族構成:両親と姉二人

 

周りにに認知症予防に励んでいるひとはいますか?:私と二人の姉は予防に取り組んでいます。スポーツ、食事、頭脳を活性化させることなど考えられる事すべてを実行しています。

 

ボケ防止のためのあなたの方法:毎日の早足ウォーキング、栄養を考慮した食事摂取、頭脳を活性化する生活習慣など

私の気になる物忘れとは?

階下から二階へ上がって、ふと思います。

 

「あれ?何のために二階に来たんだっけ」。たしかに目的があって二階へ上がったはずなのに、目的を思い出すことができません。

 

忘れてしまう程度のことで、大したことでなかったんだろう。そう思い階下へ戻り、トイレに入って思い出します。目的は、二階に保管してあるトイレットペーパを取るためでした。そんな時は再度、二階へトイレットペーパーを取りに向かいます。

 

また、階下の雨戸を閉めるため二階から降りてくると、郵便局のバイク音が気になります。ポストをチェックするために玄関を出て、郵便物をポストから取り出すと、そのまま二階へ上がってしまいました。

 

「雨戸を閉める」という当初の目的はすっかり忘れてしまっています。突発的な「郵便物」という出来事があると、本来の目的を忘れてしまう。

 

こうした事は、珍しくありません。

 

姉に相談したところ一緒のような症状があり、最近ではみんでボケ防止対策をとるようになりました。

私のボケ防止方法はこれ!

 

やっぱり年をとれば物忘れはするもの。

 

だから私は対策としてメモをとるようにしています。カレンダーやダイヤリー・タイプのノートを利用して、必ず予定を書き込むようにしています。

 

例えば歯科医の予約とか市役所に提出する書類の期限など、忘れてならない事はどんな小さな事でも書き記します。さらに書きながら毎回声にだすようにしています。
書きながら発音する行為が、脳に記憶として鮮明に刻みこむことができるような気がします。

 

夜、寝る前には翌日の予定を再確認し、それをメモに書き出してテーブルなどの上に置くようにしています。翌日の朝、テーブルに着いた時、目に入りやすい位置に置きます。ポットの下に挟むようにしておけば、ポットの水を替える時に目につきます。

 

自分自身にしか影響のない事ならば多少、忘れてしまっても「うっかりしちゃった!」ですみます。しかし、第三者との約束など、社会的な事を忘れてしまっては大変です。

 

この頃、認知症に関するニュースや記事に接する機会が増えました。

 

こうした情報を積極的に入手して、できる事から始めていくように心がけています。

 

一番のボケ防止は有酸素運動がいいらしく、テレビでは認知症の予防になると説明していました。適度な運動。例えば、歩幅を広くとり早足で行うウォーキングを行っている人は、そうでない人に比べて認知症の発症率が低いことが医学的データとして発表されています。

 

だから私は毎日をウォーキングを始めています。

 

また食事は生活の基本となり、認知症予防に非常に大事だと知ってからは特に気を配っています。

 

コレストロールや高血圧のリスクを回避するため、以前は、バラんすのとれた食事をとっています。さらに最近、良質な蛋白質の重要性が見直されおり、特にお肉に含まれる成分が脳を活性化すると考えられるようになっていようなどで積極的にお肉をとるようにしています。

 

頭脳を使った生活やさらに、社会的なつながりを持つことは、人間本来の行為として必須事項です。

 

今は、認知症の症状「物忘れ」を予防するには、マメにメモをとるなど日常的な行動、そして身体的な健康を維持するための運動、さらに毎日の食生活などをトータル的に考えて姉と一緒にボケ防止に励んでいます。

 

「物忘れ」は「認知症」の症状の一つです。ですので認知症の進行を遅らせる日常生活を送っていれば、ボケ防止対策になると考えています。

 

自己管理ができなくなってからでは遅すぎます。自己管理ができるうちに手を打つことが大切。転ばぬ先の杖。物忘れしている自分を恐れることなく、現実的に対処してゆきたいと思っています。


関連ページ

お手軽に認知症予防?私のボケ防止対策はこれ!
最近言葉がでずにあれこれそればかり使うようになり、急に不安に。ボケ防止に青汁サプリを飲んでいます。手の運動や大人の塗り絵でボケ防止対策をはじめました。今やっている認知症予防の体験談です。
ラクして簡単!毎日取り入れたいボケ防止対策
40歳後半になると最近自分の物忘れが気になり、仕事の能率が落ちたような気が。だから最近ボケ防止に有酸素運動をはじめました。これが私の認知症予防対策です。
認知症の母から学ぶ!「物忘れ・ボケ防止」の本気の対策
母の認知症を目の当たりにして私自身も認知症を予防する知識が必要なことがあらためてわかりました。今から始めたいボケ防止のための対策方法を学んでいます。
今日からはじめるボケ防止対策!私はサプリ
私は最近自分の物忘れが気になり、ボケ防止に運動をはじめました。食事も気を付けてさらに脳トレもしています。最近ではプラズマローゲンというサプリも始めました。これが私の本気の対策です。
ブログがボケ防止対策!パソコンを使った脳トレとは?
最近自分自身の物忘れが気になり、ボケ防止にブログ更新を続けています。サプリメントもしっかりと飲んで体の健康に気を付けています。私のボケ防止対策、体験談はこちらです。
普段から簡単脳トレ!これが私のボケ防止対策
もうすぐ40歳の主婦ですが、最近本当に物忘れが多くなってきて将来が心配に。わたしはボケ防止に自分で脳トレを心がけています。これが私のボケ防止対策、そして体験談です!
新しいことにチャレンジ!私のボケ防止の対策方法
私は毎日の生活でいろいろなことを実践することでボケ防止対策をとっています。なんでも新しいことにチャレンジしながら認知症予防しています。これが私の体験談です。
私のボケ防止対策は生活の中のこと
最近ちょっとしたことをすぐに忘れてしまいます。不安で不安でしかたありません。だから生活の中でボ家防止に励んでいます。私のボケ防止対策はこちらです。
ボケ防止には生活習慣を正すことが重要!
アラフィフの私がやっているボケ防止は生活習慣をただすこと。50も近くなると物忘れが本当にひどい。だから何とか改善させるために今認知症予防に励んでいます。私の対策はこちら
親子で認知症?不安を解消するためのボケ防止対策
私は母の介護がつらくうつ病になってしまいました。それから物忘れがひどくなり、最近は若年性アルツハイマーが心配です。母のようになりたくないのでボケ防止対策を始めました。
相談が大事!ボケ防止には病院受診から
私の義理の父は病院に早めに受診しました。介護サービス、薬などを調整してもらい今はなんとか自宅で過ごせてます。ボケ防止するならまずはあなたを状態を確認してもらうことが重要なのでは?
悩んだ物忘れが漢方ですっきり!私のボケ防止対策とは?
私は更年期を迎え物忘れに悩んでいました。いろいろなサプを飲んでみましたがダメ。今は漢方始めてから頭がすっきりしてきました。私のボケ防止対策は漢方なんです。これが私の体験談です。
私止はDHAのサプリ飲んでいます!ボケ防止対策とは?
義母がまだらボケのような症状がでて自分自身の症状が心配になり、ふたりでDHAのサプリメントをボケ防止に始めました。サプリ以外にも運動を始めたりしており、ボケ防止対策に励んでいます。
人との交流が一番のボケ防止対策!
自分の物忘れが心配です。だから私は人と会うことでボケ防止対策をしています。母も同じで社会的な交流を増やしています。これが私の対策方法です。
私のボケ防止方法はやっぱりサプリメント
私は義母の姿をみて認知症予防を始めました。私のボケ防止の方法、それはDHAのサプリ。そしてスロージョギングを行っています。私の認知症予防のための体験はこれ!
指と頭をつかってボケ防止!私の認知症予防方法
最近一番気になるのは人の名前がでてこないこと。だんだんと物忘れもひどくなり、ボケ防止に取り組むことを決意しました。名前を思い出したり、指体操したり励んでいる私の方法はこれ!
はやくから始まる物忘れ!私はボケ防止はじめています
ダイエットを始めていたのですが、最近物忘れがひどく気になりだしたので将来のために努力をはじめました。食事、運動、そして毎日の出来事を思い出す。私のボケ防止対策はこちらです。
ボケ防止にはスマフォの脳トレがおすすめ
ボケ防止にはスマフォの脳トレがおすすめです。運動をしっかりして、バランスのよい食事をとることを心がけています。わたしの認知症予防対策はこちらです。
運動と食事でボケ防止!私の今取り組んでいる対策とは?
最近ちょっと物忘れが気になりだしてきて、いろいろ調べ今は運動と食事でボケ防止を実践しています。運動だけでなく、今は折り紙もしています。私のボケ防止対策を紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 運動でボケ防止 ボケ防止グッズ サプリランキング