ボケ防止するならまずは病院で診断を!

Sponsored Link

夫の父の経験から

年齢:40歳後半 女性

 

家族構成:私・夫・子供2人・おじいさん(主人の父)の5人家族です。

 

周りにに認知症予防に励んでいるひとはいますか?:ご近所にも認知症を煩っている家族を持つ人がいます。病院、デイサービスの利用をしているそうです。主人の父、おじいさんが認知症と診断されています。

 

ボケ防止のためのあなたの方法:栄養のバランスに注意をする、電車やバスを利用するときは一区間歩く、家事の合間に軽いストレッチをする程度です。

認知症の初期の症状とは?

 

私ではなく主人の父の話です。

 

結婚当初は、別世帯で暮らしていましたが、主人の母が他界し、家事一切をしたことのない父が一人で暮らすようになりました。

 

3年ほど一人で暮らすうちに寂しさからか頻繁に電話が掛かってくるようになりました。話の内容はたわいもないことでした。

 

しばらくすると電話が掛かってこなくなったので、こちらから掛けてみると「電話番号替えただろう」といわれ、替えていないことを話しましたが、納得がいかない様子でした。

 

これが、今考えると父の認知症の始まりだったのです。すぐに同居をすることができず、週末に父の様子を見に行く生活が始まりました。見た目も変わらず元気そうなのですが、「新聞どうした?」、「ここにあった本は?」と聞かれるようになってきました。

ボケ防止考える前にあなたの状態確認を?

現在、夫の父と同居をしています。

 

同居をした当時から症状はそれ程進行していませんが、心療内科で、軽度の認知症と診断されています。「おかしいな」と感じてすぐに病院へ行ったことが今でも本当によかったんだと感じています。

 

やはり認知症予防も大事ですが、不安があるのなら病院を受診してしっかりと調べてもうほうがいいと私は感じました

 

父が一人で生活をしていたときからの症状ですが、「新聞どうした?」、「メガネ、どこにやった?」と自分で置き忘れていることが分からず誰かのせいにするので、子供達はいわれるとむきになって怒るので父の病の説明をその都度して、悪気がないことを納得させるようにしています。

 

ご近所のご家庭に認知症の方がいて相談をしたところ、「病院選びが大切」なことを教えて頂きました。

 

認知症の患者さんを多く診療していないと折角病院にいっても逆効果になってしまうことがあるということで、同じ病院を紹介していただきました。検査の結果、軽度の認知症であることが分かり、薬の服用もしながらの進行予防をしています。

 

認知症と診断をされたので、住まいのある役所に行き、「介護認定」を受けました。

 

介護認定を受けると「介護サービス」を受けることができます。介護サービスが受けられることは、家族の負担が軽減され本当に助かります。また、家族が助かるだけではなく、父自身もサービスを受けられる日を心待ちにしており前日から楽しそうにしています。

 

家では、父が忘れていることや人のせいにしたことは、静かに話して怒らないように心掛けています。これは、子供達にもそうしてくれるよう話してはありますが、私も含めて難しいことの方が少なくありません。

 

他には、できるだけ散歩に連れ出したり、話しかけて会話の時間を多く持てるようにしています。これからどのように症状が進行していくのか大凡の予想は病院の先生から聞いています。いわれた通りのことが起きるとすぐに病院に伝えるようにしています。

 

認知症予防というよりは進行予防の話になってしまいました。
でもちょっと不安な症状や心配なことがあったらまずはちゃんとした病院で診てもらうほうがいいのではないでしょうか?

 

あなたの状態をしっかり確認してくれるドクターとは? 詳細はこちら


関連ページ

お手軽に認知症予防?私のボケ防止対策はこれ!
最近言葉がでずにあれこれそればかり使うようになり、急に不安に。ボケ防止に青汁サプリを飲んでいます。手の運動や大人の塗り絵でボケ防止対策をはじめました。今やっている認知症予防の体験談です。
ラクして簡単!毎日取り入れたいボケ防止対策
40歳後半になると最近自分の物忘れが気になり、仕事の能率が落ちたような気が。だから最近ボケ防止に有酸素運動をはじめました。これが私の認知症予防対策です。
認知症の母から学ぶ!「物忘れ・ボケ防止」の本気の対策
母の認知症を目の当たりにして私自身も認知症を予防する知識が必要なことがあらためてわかりました。今から始めたいボケ防止のための対策方法を学んでいます。
今日からはじめるボケ防止対策!私はサプリ
私は最近自分の物忘れが気になり、ボケ防止に運動をはじめました。食事も気を付けてさらに脳トレもしています。最近ではプラズマローゲンというサプリも始めました。これが私の本気の対策です。
ブログがボケ防止対策!パソコンを使った脳トレとは?
最近自分自身の物忘れが気になり、ボケ防止にブログ更新を続けています。サプリメントもしっかりと飲んで体の健康に気を付けています。私のボケ防止対策、体験談はこちらです。
普段から簡単脳トレ!これが私のボケ防止対策
もうすぐ40歳の主婦ですが、最近本当に物忘れが多くなってきて将来が心配に。わたしはボケ防止に自分で脳トレを心がけています。これが私のボケ防止対策、そして体験談です!
新しいことにチャレンジ!私のボケ防止の対策方法
私は毎日の生活でいろいろなことを実践することでボケ防止対策をとっています。なんでも新しいことにチャレンジしながら認知症予防しています。これが私の体験談です。
私のボケ防止対策は生活の中のこと
最近ちょっとしたことをすぐに忘れてしまいます。不安で不安でしかたありません。だから生活の中でボ家防止に励んでいます。私のボケ防止対策はこちらです。
ボケ防止には生活習慣を正すことが重要!
アラフィフの私がやっているボケ防止は生活習慣をただすこと。50も近くなると物忘れが本当にひどい。だから何とか改善させるために今認知症予防に励んでいます。私の対策はこちら
親子で認知症?不安を解消するためのボケ防止対策
私は母の介護がつらくうつ病になってしまいました。それから物忘れがひどくなり、最近は若年性アルツハイマーが心配です。母のようになりたくないのでボケ防止対策を始めました。
悩んだ物忘れが漢方ですっきり!私のボケ防止対策とは?
私は更年期を迎え物忘れに悩んでいました。いろいろなサプを飲んでみましたがダメ。今は漢方始めてから頭がすっきりしてきました。私のボケ防止対策は漢方なんです。これが私の体験談です。
これであなたも大丈夫!私のおすすめボケ防止対策とは?
私は最近自分の物忘れが気になってボケ防止に様々なことを始めました。食事に運動どれも大事です。早くから意識して予防に取り組むことが大事なのでは?これが私のボケ防止対策です。
私止はDHAのサプリ飲んでいます!ボケ防止対策とは?
義母がまだらボケのような症状がでて自分自身の症状が心配になり、ふたりでDHAのサプリメントをボケ防止に始めました。サプリ以外にも運動を始めたりしており、ボケ防止対策に励んでいます。
人との交流が一番のボケ防止対策!
自分の物忘れが心配です。だから私は人と会うことでボケ防止対策をしています。母も同じで社会的な交流を増やしています。これが私の対策方法です。
私のボケ防止方法はやっぱりサプリメント
私は義母の姿をみて認知症予防を始めました。私のボケ防止の方法、それはDHAのサプリ。そしてスロージョギングを行っています。私の認知症予防のための体験はこれ!
指と頭をつかってボケ防止!私の認知症予防方法
最近一番気になるのは人の名前がでてこないこと。だんだんと物忘れもひどくなり、ボケ防止に取り組むことを決意しました。名前を思い出したり、指体操したり励んでいる私の方法はこれ!
はやくから始まる物忘れ!私はボケ防止はじめています
ダイエットを始めていたのですが、最近物忘れがひどく気になりだしたので将来のために努力をはじめました。食事、運動、そして毎日の出来事を思い出す。私のボケ防止対策はこちらです。
ボケ防止にはスマフォの脳トレがおすすめ
ボケ防止にはスマフォの脳トレがおすすめです。運動をしっかりして、バランスのよい食事をとることを心がけています。わたしの認知症予防対策はこちらです。
運動と食事でボケ防止!私の今取り組んでいる対策とは?
最近ちょっと物忘れが気になりだしてきて、いろいろ調べ今は運動と食事でボケ防止を実践しています。運動だけでなく、今は折り紙もしています。私のボケ防止対策を紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 運動でボケ防止 ボケ防止グッズ サプリランキング