認知症、ボケたときの症状とは?

Sponsored Link

認知症の症状とは?

 

認知症の症状についてご存知でしょうか?

 

認知症の症状はインフルエンザや風邪のように急にかかってでるものではありません認知症はゆっくりと発症して、徐々に認知機能が低下していき、症状が表に出てくる病気です

 

一般的には65歳以上の高齢者に発症することが多く、物忘れといった記憶障害から始まりことが多く、そして徐々に言葉の問題、行動の問題が出現します。これらの症状がだんだんと進行すると日常生活に支障をきたし、だんだんと生活が困難になっていきます。

 

最終的には言葉の理解もできなくなってしまい、寝たきりの状態になってしまう本当に恐ろしい病気です。どんな症状がでるのかちょっと知っていれば、あなたもしくは周りの方の危ない症状を早めに見つけることができます。

 

今回は認知症についての症状について詳しく解説します。

認知症の初期症状とは?記憶障害とは

認知症の症状の場合、本人よりも周囲の人が気がつくことが多く、その中でも初期症状としては記憶に関する症状が非常に多いとされています。

 

周囲が気が付く認知症の初期症状
・さっき言ったことをやったことをすぐに忘れる

 

・同じことを何度も繰り返し言う、
 もしくは同じことを何度も聞いたりする

 

・大事なものの置き忘れやしまい忘れが増える

 

・行動がやりっぱなしとなり、水道の止め忘れ、火の消し忘れ、
 電気の消し忘れがふえる

 

・普段飲んでいた薬を飲み忘れるようになる

 

上記のような記憶に関する症状から気づくことが多く、この上の症状がよく見られる症状になります。

 

さらに日付がわからなくなったり、道に迷ったりと時間や場所の見当識の障害がでます。また興味が薄れたり、だらしなくなったり、些細なことで怒ったり性格の変化もみられたりします。さらに記憶障害が強くなると財布が盗まれた、家族につらくあたられたといったことで被害妄想がでたりしてきづかれることがあります。

 

記憶障害について

 

認知症、その中でも特に最も多いとされるアルツハイマー病では発症初期の段階では1分程度の即時記憶はしっかりしています。そのため 相手の話した内容は会話の直後では保たれており、日常会話はある程度可能です。しかしながら数分から数カ月の時間が経過してしまうと近時記憶はかなり早期から低下してしまいます。例えば何度も同じことを聞き返したり、約束を忘れたり、財布をなくしたりすることが近時記憶の障害になります。

 

また認知症の中でもアルツハイマー病ではエピソード記憶が特に目立って障害されていきます。エピソード記憶の障害とは、例えば買い物に行った時、その場で何を買ったかとうい細かいことを忘れるのではなく、買い物に行ったという体験自体をすっかり忘れてしまうような障害のことをいいます。

 

認知症では、多くの人の場合記憶障害がかなり早期から出現します。しかしながら本人はまったく覚えていないことを認めず、忘れていても何らかの言い訳をすることが多くみられるのが特徴です。さらに言い訳だけでなく、側にいる家族や身内に助けを求めたり、逆にその人のせいにする場合もあります。

 

記憶障害は認知症が進むごとに近時記憶に加え、直近の即時記憶、そして昔経験した遠隔記憶(かなり昔の記憶)の順番で障害されていきます。そのため最後まで昔の記憶が残ることで昔のことばかりいうことが増えるのです。

 

周りの人に過去のことばかり話す人はいませんか?そういった方もしかしたら認知症のはじまりかもしれません。

 

そして記憶障害は最終的には記憶がないという認識までなくなってしまい、ただ何もわからずぼーっとしている状態になってしまいます。

記憶障害以外の症状とは

失語症状

認知症になり、症状が進行すると言葉の名前がわからなくなり、うまく会話ができなくなっていきます。例えば「あれ、それ」ばかりの会話になったり、全く関連のない話題ばかりを繰り返すようになり会話が成立しなくなります。ただ通常喋ること自体には当初問題ありませんが、聴覚的な理解や字を書いたりすることが最初だんだんと難しくなります。
さらに進行すると理解力が低下してしまい、言葉のオウム返しや繰り返しが増えてきます。そして最終的にはまったく無言の状態となってしまい、何を言っても理解できなくなってしまい、身体的な動きも減っていきます。

 

その他の症状

認知症の初期から視覚的な判断力が低下して、位置や場所の判断が難しくなっていきます。そしてだんだんと症状は悪化していき、中期頃には時間と場所の感覚がなくなることが多くなり、道に迷ったりします。そのためこの時期になる迷子や徘徊といったことが起こったります。

 

また初期の段階では記憶障害以外にも遂行機能障害(物事を計画して、順序立てて行っていく機能)もよくもみられます。例えば、男性の場合は今までのやっていた仕事での能力が低下し、指示通りの動作ができなくなっりすることを指します。さらに女性の場合では、今までやりなれていた家事での失敗がみられたりすることが遂行機能の障害にあてはまります。

 

そして認知症の症状がすすみ、中期頃になると服を着ることや選ぶこともできなくなり、今まで覚えていた知識までもなくなっていきます。さらに整容、食事、トイレ、入浴などもできなくなり、どんどん介助が必要な状態となってしまいます。

 

周辺症状

周辺症状とは、認知症によっておこる記憶障害や見当識の障害に伴って起きてくる精神、心理的な症状のことをいいます。この周辺症状がもっとも介護者を困らせるものであり、介護の負担になってしまいます。ただし周辺症状の場合は認知症になってしまった本人が不安で動揺したりすることでおこっている可能性もあり、介護者も特に周辺症状の対応を学ぶ必要があります。

 

認知症の初期の時期にはしっかりと病識があるため不安になりやすく、そこからうつ状態、睡眠障害がでたりすることもあります。また時には興奮したり、暴力を振るったり、自殺を図ったりすることもあり、介護する側もその気持ちを十分十分理解する必要があります。

 

すべての症状が認知症の人だから必ず起こるわけではありません。記憶障害に伴う不安や苛立ちから周囲への反応としてでていることもあります。

認知症の症状を理解する

認知症の症状がどんなものか、そしてどのように進んでいくかを解説しました。

 

あなたの家族にこんな症状がでていたらちょっと危険かもしれません。
もしもこの中のどれかひとつでもあてはまるようならボケ防止を考えるよりもまずは病院に受診させましょう。

 

ちょっとした認知症の症状を理解していれば、家族の変化にすぐに気が付けるかもしれません。


関連ページ

認知症の定義
あなたは認知症がどんな病気か知っていますか?認知症にも実はしっかりとした定義があります。まずはそれをしっかり理解してあなたのボケ防止に役立てください。
その物忘れ大丈夫?認知症と正常の境界とは?
あなたの物忘れは大丈夫?ボケ防止にサプリを始める前にあなたの症状は本当に大丈夫が確認する必要があります。認知症と正常との境界はいったいどこなのでしょうか?
認知症の種類と原因
ボケ防止を始めるまに認知症がどのような病気でどんな種類があるのかしっかりと理解してください。にさらには認知症の原因を学ぶことで認知症予防の対策がしっかりととれます。
新常識!ボケ防止するのに年齢は関係ない!
最近物忘れが気になり、認知症予防考えていませんか?ボケ防止はできるだけ早いほうがいいのですが、一体何歳までに始めたらいいのでしょうか?最近のデータからある新常識がわかったのです。それは・・・
認知症について知る!ボケ防止には
今急増する認知症。認知症が一体どんな病気かご存知でしょうか?ボケ防止でサプリを考える前にまずは認知症がいったいどんなものか知りましょう。相手をしることが予防につながります。
認知症は予防が一番。ボケ防止にはサプリ!
ボケ防止を考えているあなた。認知症は予防するしか今は手がありません。運動、食事に気を付けることはもちろん、特定の栄養素をサプリからとることも今は重要。認知症の予防方法とは?
ボケたくない人必見!認知症の危険因子はこれだ!
将来ボケないようするには認知症を予防することが重要です。ただ予防するためには認知症になりやすい危険因子をしることが大事です。認知症にないりやすい人の習慣はこれだ!
ボケ防止!サプリよりも医者選びが大事!
ボケ防止にサプリを飲む前に、ちゃんと認知症かどうか調べてもらうことが大事。でも診察を受けるときにもっと大事なことが。それは医者、病院選び。いい医者、悪い医者の見分け方について解説。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 運動でボケ防止 ボケ防止グッズ サプリランキング