うっかり物忘れは正常それとも認知症?

Sponsored Link

その物忘れは老化、それとも認知症

 

40歳を過ぎると急に思った時に言葉がでにくかったり、名前を思い出せずについ「あれ」「これ」「それ」という言葉を使ってしまった経験ないですか?

 

人にもよりますが、実際45歳を過ぎると認知機能はだんだんと低下してきます。本当に残念なのですが、すべての人が年をとるとだんだんと身体機能、認知機能を含めて低下するものであり、物忘れをしても何ら不思議なことではありません。

 

ただし物忘れにも年相応の物忘れとちょっと認知症が心配になってくる物忘れがあります。あなたの物忘れがどちらなのかまずはしっかり認識する必要があります。

人間の記憶とは?

心配な物忘れかどうかを判断する前に私たちの記憶はどのように形成されるかご存知でしょうか?

 

記憶の要素

 

@記名
新しくものを覚える
A保持
覚えたことを維持する機能
B想起
覚えたことを取り出す機能

 

私たちは@記名、A保持、B想起を繰り返しながら記憶を形成、保持しています。

 

また記憶には種類があります。

 

記憶の種類

 

・即時記憶 1分以内の記憶
・近時記憶 数分から数週、維持的に海馬に蓄えられる記憶
・遠隔記憶 数か月から数十年蓄積され、大脳のいたるところに保存される

 

実際認知症になってしまうと記憶を保持する機能が低下してしまい、海馬にて記憶が維持できなくなります。つまり近時記憶とよばれる記憶から障害されていきます。

老化による物忘れ、それとも認知症による物忘れ?

正常の老化にともなう物忘れ、認知症による物忘れには記憶のやられるとことが違うため若干症状が違います。

 

正常老化にともなう物忘れ、うっかり忘れ

 

原因:
老化にともなって記憶の中でも想起することができないために起こります。(記憶は保存されているがどこに保存されているところを思出せない状態)

 

症状:
・ある出来事のなかの一部分を忘れてしまう(例:旅行に行ったことは覚えているが、夕方何を食べたか思い出せない)
・ヒントを与えると思い出すことができる
・忘れたことを自覚しており、思い出せないことにもどかしさを感じる

 

認知症による物忘れ
原因:記憶の中枢に問題があり、記憶を記名したり、保持することができないために起こります。(まったく記憶されていないため、本人はわからない状)

 

症状:
・出来事すべてを忘れている(旅行に行ったことすら思い出せない)
・ヒントを与えてもまったく思い出せない。
・忘れたことを自覚しておらず、本人はまったく普通の状態である。

 

老化、加齢にともなう物忘れ、うっかりなのか、それとも認知症に伴うものかを判断するときには出来事全体なのか一部分なのか、そして本人に物忘れの自覚があるかどうかを確認してください。

 

ただし認知症初期の場合には、忘れたことに関して不安に思っていたり、自覚している人もいます。さらに自分の物忘れをうまく取り繕うう人もいるため注意が必要です。

あなたの症状は大丈夫?

老化、加齢にと伴う物忘れの場合には、これから認知症にならないようにしっかりと脳を鍛える必要があります。人間の脳はいつでも鍛えられます。早いうちから予防努力をしてください。

 

逆にちょっとあぶない物忘れだと感じた場合には、早めに医療機関を受診して正確な診断をつけてもらいましょう。

 

ボケ防止、早めに行動しても損はありません。


関連ページ

認知症の定義
あなたは認知症がどんな病気か知っていますか?認知症にも実はしっかりとした定義があります。まずはそれをしっかり理解してあなたのボケ防止に役立てください。
認知症の症状とは?
認知症になるとどんな症状が一体出るのでしょうか?将来ボケたくないと思っている人は、物忘れだけじゃありません。いろいろな症状がでるため、まずはその症状を理解しましょう。
認知症の種類と原因
ボケ防止を始めるまに認知症がどのような病気でどんな種類があるのかしっかりと理解してください。にさらには認知症の原因を学ぶことで認知症予防の対策がしっかりととれます。
新常識!ボケ防止するのに年齢は関係ない!
最近物忘れが気になり、認知症予防考えていませんか?ボケ防止はできるだけ早いほうがいいのですが、一体何歳までに始めたらいいのでしょうか?最近のデータからある新常識がわかったのです。それは・・・
認知症について知る!ボケ防止には
今急増する認知症。認知症が一体どんな病気かご存知でしょうか?ボケ防止でサプリを考える前にまずは認知症がいったいどんなものか知りましょう。相手をしることが予防につながります。
認知症は予防が一番。ボケ防止にはサプリ!
ボケ防止を考えているあなた。認知症は予防するしか今は手がありません。運動、食事に気を付けることはもちろん、特定の栄養素をサプリからとることも今は重要。認知症の予防方法とは?
ボケたくない人必見!認知症の危険因子はこれだ!
将来ボケないようするには認知症を予防することが重要です。ただ予防するためには認知症になりやすい危険因子をしることが大事です。認知症にないりやすい人の習慣はこれだ!
ボケ防止!サプリよりも医者選びが大事!
ボケ防止にサプリを飲む前に、ちゃんと認知症かどうか調べてもらうことが大事。でも診察を受けるときにもっと大事なことが。それは医者、病院選び。いい医者、悪い医者の見分け方について解説。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 運動でボケ防止 ボケ防止グッズ サプリランキング