ボケ防止サプリメントと脳トレ、スピードラーニング

Sponsored Link

ボケ防止にはサプリだけではダメ!脳トレも大事!

 

認知症と脳には密接な関係があります。

 

認知症は一度かかってしまうと回復しない病気です。最近は生活習慣病と同じものと考えられ、予防が可能であるとされています。つまりしっかりと予防を心がければ、認知症になりにくい脳を作ることができます。そしてボケ防止につなげることができるのです。

 

だから今アルツハイマー病などの認知症を予防するためにサプリなどがたくさん販売されています。

 

ただちょっとまってください。サプリ以外にももっといい方法があります。

 

それが脳トレです。

 

年をとっても脳を働かせれば働かせるほど認知症になりにくく、ボケにくいことが分かっています。だから脳を使ったトレーニング「脳トレ」も十分な脳への刺激を与え、認知症予防になります。トレーニングといってもちょっとしたことをするだけなのでとても簡単で楽しくボケ予防が可能でSす。

 

今回はボケ防止にサプリを飲んでいる人、考えている人に脳トレの効果と方法について解説します。

ボケ防止にやっておきたい脳トレとは?

 

脳トレといっても本当に様々なものがあります。

 

たとえば記憶力をトレーニングする方法として毎日何かを思い出すというのは良い方法です。本当にちょっとしたことで構わないので今日の朝食はなんだったか、今日は何曜日か、今日人と会ったとすれば誰と会ったのかなど、今日の出来事について思い出してみましょう。

 

実はこれ、簡単な脳トレになります。

 

しっかり覚えているという方はそれだけ記憶力が機能しているということで、そうでない方は記憶力が衰えている可能性もあります。いずれにしても思い出すという行為を毎日繰り返すことで脳を活性化させ、ボケ防止につながります。

 

特に認知症になると昔のことよりも最近のことが思い出せなくなるため、毎日今日あった出来事や昨日のことなどごく近い記憶を思い出してみましょう。

 

さらにはしりとりや連想ゲームも有効です。

 

しりとりは単語の語尾1文字を使って単語を繋げるゲームで実はかなり頭を回転させなければいけません。連想ゲームもある単語から関連した単語を見つけなければいけませんし、シンプルなルールながら脳を使うという意味では優れています。またあるテーマに沿って関連した物の名前や言葉を出すいわゆる山手線ゲームもしりとりなどと同様に効果的です。

 

そして子供が楽しんでやっている3DSだったり、パソコンゲーム、スマフォゲームにも脳トレ効果はあります。この他にも暗算やパズル、文字の読み書きなどもボケ防止に効果が期待できます。

 

脳は使えば使うほど鍛えられ衰えを防げます。毎日の出来事を思い出す、そしてしりとりなどの簡単なゲームをやるこれだけでも立派な脳トレになります。脳も使わないと機械と一緒でだんだん動かなくなってきます。とにかく脳を使ってなにかを考える、これが重要です。まずは簡単なことから脳をつかってみてください。

 

脳は20歳を過ぎた頃から少しずつ衰えていくと言われていますがトレーニングをすることでそのスピードを最小限に抑えられます。可能であれば毎日毎日脳トレをしておきましょう。

今注目のボケ防止のための脳トレとは?

今ボケ防止には様々なサプリが注目されています。サプリだけでなく、実は脳トレにも認知症予防効果が実証されたものまででています。その中でも注目の脳トレこれです。

 

スピードトレーニング

 

 

海外のPOSIT SCIENCE社から販売された「ブレインHQ」という脳トレエクササイズ。「ダブル・ディシジョン」という形でパソコン、タブレットなどで実施が可能。
現在日本においてはネスレ・ウェルネスが委託販売中。簡単にサイトで調べられ、1か月程度無料に体験も可能。また本気でやってみたい方には月額2980円から利用可能なボケ防止の脳トレ。

 

実際無料登録してやってみましたが、登録方法も簡単ですぐにチャレンジできます。脳トレ自体は今までやっていた記憶力をつける脳トレと違って、視覚中心の脳トレであり結構難しい印象です。ただやっていれば慣れてくるのでまずは無料チャレンジを試してみる価値はあります。

 


健康な2800人を対象にして行われた研究であり、1日1時間程度の脳トレを5週間にわたりインストラクターと一緒にを行う。参加者はトータル11時間の脳トレを行い、トレーニングしていない人と比較したところ10年後の認知症発症が48%も低下した。

 

脳トレには「スピードトレーニング」を使用。従来の記憶力の訓練や思考力の訓練と違い視覚情報の処理を素早く行う訓練方法です。

 

この研究は「高齢者向け先進的認知力トレーニング(ACTIVE=Advanced Cognitive Training in Vital Elderly)」として行われたものです。この研究結果は脳トレが初めて認知症への予防効果を示したものです。

 

参照サイト

 

みんなの脳トレ〜脳年齢が分かる脳トレ

 

みんなの脳トレ?脳年齢がわかる脳トレ

みんなの脳トレ?脳年齢がわかる脳トレ

開発元:QQ TSUBASA

無料

posted with アプリーチ

 

スマフォアプリで100万ダウンロードされているものです。シンプルで6つの脳トレゲームが収録されているアプリです観察力、記憶力、判断力、直観力、計算力、反応力の6つから形成されるアプリです。
計算、記憶力、視覚的な反応を見る脳トレがはいっており、しかもスマフォで簡単にできるのでお勧め。どのスマフォでもチャレンジできます。

 

実際チャレンジしてみましたが、これもなかなか面白い。無料アプリであとでの課金制。でも基本的には無料で試せる脳トレです。記憶力テストがありますが、視覚認知能力のトレーニングもありこれも効果ありそうです。ちょっと暇なときには挑戦してみてください。

 

 

今のところ私のおススメのボケ防止のための脳トレです。これ以外にもいろいろな脳トレがあるので試してみてください。ボケ防止にしっかりとサプリを取りながら、脳トレに励む。その時どんな脳トレでもかまいません。

 

まずはあなたの脳を働かすことを意識してください。そしてしっかりとサプリを飲む、これこそ本当のボケ防止につながるでしょう。


関連ページ

ボケ防止にはサプリとあのゲームが効果的!
ボケ防止にはサプリだけではありません。今注目されているのはゲーム。その中でもPokemonGOが認知症予防に注目されています。いったい何がボケ予防に効果があるのでしょうか?
ボケ防止には脳トレ「スピードラーニング」に注目!
ボケ防止にはサプリだけではありません。今注目されているのは脳トレ。その中でもスピードラーニングが注目されています。脳トレの中でもはじめて研究で効果証明さたゲームはどんなものでしょう?
ボケ防止におススメゲームとは?
ボケ防止にはサプリだけではありません。今注目されているのはゲーム。その中でも以前からわたしたたちがやっていたあのゲームが脳トレにもなり、ボケ防止になります。そのゲームとは?
ボケ防止に計算ドリル?認知症予防に大事なこと!
ボケ防止に興味がある人はサプリを飲むだけでなく、いろいろなものにチャレンジする必要があります。その中で認知症予防のための計算ドリルなどがありますが、これって本当に効果あるのでしょうか?

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 運動でボケ防止 ボケ防止グッズ サプリランキング