ボケ防止サプリメントに水素水が効く?

Sponsored Link

水素水にボケ防止効果?

 

近年水素水が大きな話題になっています。

 

ドラッグストアやコンビニ、ネット通販などでいたるところで水素水に関連した商品多く目にします。そもそもこの水素水がなぜはやっているのかご存知ですか?

 

水素水には抗酸化作用があることから美容やダイエットやアンチエイジング、さらに癌治療にまで期待がもてるとのことで、普段の生活の中で飲料水として健康に良いと人気を集めています。

 

しかも最近では水素水がボケ防止にも効果があるかもしれないとのことで、普段からこの水素水を飲む人がふえているようです。実際にこの水素水ですが、ボケ防止に効果があるサプリなのでしょうか?

 

今回はこの水素水の認知症予防、ボケ防止効果について解説します。

水素水とは?その効果とは?

 

水素水が一体どんなものかあなたは知っていますか?

 

水素水は学術的な難しい言葉で表すと「水素豊富水」と呼ばれています。水(H2O)にある一定以上の水素(H2)が含まれたものを指し、“水素水”と名の付く商品には水素の濃度を示す「ppm」で水素含有率が記載されているものがほとんどです。

 

水素水に含まれる水素は空気中に逃げやすいという性質があります。だから一般に販売されていた水素水の中には、水素水として販売していても水素がほとんど入っていないものがあるというとこことがあったくらいです。そのため現在では0.08ppm以上の水素を含んだものを「水素水」としており、販売元もこの基準を守るようになっています

 

水素水が注目されたのは、活性酸素と呼ばれる物質が体の中で発生し、これが老化や病気を引き起こす可能性があることが分かってからです。この活性化酸素を取り除く作用が水素にあることがわかり、非常に水素水が期待されはじめました。

 

体内では様々な活性酸素が産生されるのですが、その中でも細胞やDNAを傷つけてしまう悪玉活性酸素(=ヒドロキシラジカル)とよばれる非常に細胞毒性が強いものがあります。この活性酸素ですが、強力な酸化作用があり、人体の細胞障害に影響を与えます。水素水は、このかなり毒性の強いヒドロキシラジカルのみを選んで結合し、水に変換して身体の外に排出させるという特徴があります。

 

水素水には多くの病気の原因になる活性酸素を直接減らしてくれる効果があり、美容、アンチエイジング、ダイエット、がんの治療などに注目され、ひろまっています。

水素水の認知症予防効果とは?

今、大きな話題になっている水素水はなぜボケ防止に期待されているのでしょうか?

 

水素水の認知症予防効果を考える前に、そもそもなぜ認知症になるのかを考えてみましょう。

 

現代の医学でははっきり解明されていませんが、理由として2つが考えられています。1つは血流が悪くなることで脳細胞が機能を停止してしまうこと、もう1つは活性酸素などの働きによって脳がダメージを受けることです。

 

この2つを主な原因とした場合、水素水がどう関わってくるのかを考えれば予防に効果的かどうかも見えてきます。

 

水素水はには血液の流れを良くする働きが期待できると言われています。つまり血液をサラサラにする効果があることになります。となれば血流が悪くなって認知症になってしまうことを防げると考えるのは自然です。

 

血流が良くなって脳にも新鮮な酸素がしっかり送られるようになり、その結果として脳が活性化し健全な状態を保てるわけです。脳だけでなく体全体がそうですが血液がしっかり流れるかどうか、これは健康維持のために非常に重要です。

 

また、水素水は抗酸化力の上昇も期待できます。活性酸素などの働きで体が酸化するのを抗酸化力を高めることで防ぐ仕組みです。抗酸化力の上昇も脳細胞の酸化を予防する効果が期待でき、認知症予防につながります。

 

抗酸化力という点では、水素水に認知症を予防する効果が期待てきそうな気がします。

 

ただし、水素水によって認知症が予防できることは医学的にはまだ証明されていません。しかもまだまだ研究段階です。さらに最近のニュースで水素水のサプリの多くが過大広告で是正を求められています。

 

たしかに体を酸化から守るという意味では水素水の持つ働きを考えると認知症予防効果が期待できます。ただやはり水素水自体には認知症を予防するといった臨床データなどがない点から考えるとボケ防止にサプリとしては積極的にすすめられるものではありません。

 

今ブームのため今水素水を入手するのは簡単であり、値段も手ごろで手軽に続けられます。あくまでも総合的に考えて健康をサポートするという広い意味で水素水を活用するようにしてください。認知症の予防を考えるのであれば他のサプリメントを飲むことをおすすめします。

水素水をボケ防止のとサプリとして選ぶときには

自分の健康のために水素水を飲むことは抗酸化作用を考えれば、理にかなっています。

 

ただ問題が一つあります。

 

それは現在たくさんの水素水が販売されており、これがいいとはっきり断定することはできません。ただし水素水を選ぶときには1点がだけ注意する必要があります。

 

それは水素は水に溶けますが、空気中に逃げやすいという性質があり、そのため水素が十分含まれていない水素水もないとはいえません。

 

だから必ず水素の含有量を確認しましょう。水素の濃度が0.08PPM以上が水素水とされており、かならずこの濃度以上の水素が含まれているものを選びましょう。

 

あと炭酸などと一緒で水素水のパッケージをあけると水素は空気中に逃げていきます。サプリを購入して飲むときにはフタを開けたら早く飲むようにしてください。

 

抗酸化力という点では水素水は期待ができますが、しっかりとした証拠がないためボケ防止には現時点ではあまりすすめられません。ただし全身の健康を維持するということを考えるのであれば、もしかしたら期待できるかもしれません。



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 認知症基礎知識 運動でボケ防止 ボケ防止グッズ サプリランキング